ウィークリーニュース

【動画広告 入れるなら絶対今】動画視聴者の増加がやばい件となぜ今動画広告を入れるべきなのか。

日本生産性本部が9月28日まとめた「レジャー白書2021」によると、観光やスポーツ、ゲームといった余暇を楽しむ産業の2020年の市場規模は前年比23.7%減の55兆2040億円だった。
新型コロナウイルス禍が直撃し、過去最大の落ち込み幅となった。一方、巣ごもり需要により動画鑑賞の参加人口が初めて首位となるなど、コロナ禍における行動様式の変化が浮き彫りになった。
日本経済新聞

【動画の窓口POINT!】

Point① どんな動画が見られているのか

Point② リバウンドで動画需要減か?

巣ごもり需要の低下でデジタルサイネージ需要高まるか!?

Point③ 『デジタル広告』入れるなら絶対今!

Youtubeは新しい「動画アクション広告(VAC)」を2022年早期に実施。

Google video partnerサイトでの動画広告配信、Youtubeから製品サイトに飛びやすくなるなど、
今まで以上の様々なバージョンアップ。

コロナ対策の規制緩和で巣篭もり需要がなくなると有効な視聴者動向が得られずらくなる。
未だ動画広告を利用している企業は少ないが、年々増加傾向↑

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP