動画コラム

自動生成ツールとは?そのおすすめツール会社も紹介!

今回は自動生成ツールについての解説をしていきます。

ここ数年で動画でのプロモーションは当たり前となってきています。動画を活用したプロモーションは様々なマーケットで行われるようになり、今やほとんどの企業様が動画での広告や集客、その他プロモーションを日々考え、模索されているのではないでしょうか?
SNSも動画での発信が浸透していき、その動画もよりコンテンツリッチになってきています。

動画の窓口では企業様の課題を動画を通して解決すべく、様々な動画の最新情報を発信しています。
今回は私たちも既に導入している自動生成ツールについて解説をし、その使用方法や効果、おすすめのツール会社なども紹介もしていきます。

今後動画でのプロモーションを考えている企業様の何かヒントになるような記事になれば嬉しく思います。ぜひ最後までご覧ください。

 

自動生成ツールとは

RICHKA社より]

『テキスト』と『画像』を当てはめるだけで、誰でも簡単に動画作成ができるツールです。一からすべて自分で編集をする必要がないので、ソフトの細かな機能を理解したり、動画編集で必要な知識ををわざわざ覚える必要もありません。また動画の構成も既存のテンプレートを使用できるので、あとは好みのものを選択するだけです。

「誰でも簡単にかっこいい動画を作ることができる!」「編集作業もほとんどないから短時間で動画制作が可能!」この2つが自動生成ツールの大きなポイントです。

 
自動生成ツールについてより理解を深めたい方はこちらの動画をご覧ください。
(自動生成ツールの解説動画をのせる。)

 

具体例

(動画の窓口の動画を持ってくる。)
このような動画を誰でも簡単に短時間で作成することができます。慣れてきたら大量の動画を一気に作ることもできるので、バリエーションを活かし、様々な角度からのプロデュースも可能になります。

 
 

[tolliteより]
上の画像のように目的やスタイルによって様々なテンプレートを選択できます。サンプル再生でどのような動画なのかも確認ができるので、完成のイメージを想像して制作に取り組むことができます。

 
 

[tollite社より]
テンプレートが決まれば、続いて入れたい画像や動画をアップロードします。アップロードしたものが今回の動画作成の素材となります。ここには特に決まりはなく、作成する動画のイメージにあったものをアップロードしてください。

 
 

[tollite社より]
素材のアップロードが完了後、テキストの記入と素材(画像・動画)の挿入を行います。サービスによって異なりますが、テキストの色やフォントの変更、画像の位置の調節などをし、動画のイメージに合うよう微調整を行います。

[tollite社より]
仕上げにBGMの設定も行います。ここではYouTubeなどでも利用できるフリー素材のものが準備されているので、著作権などの心配もありません。またこちらもテンプレート同様に動画のイメージにそって様々なジャンルのBGMが選択可能です。

 
 

[tollite社より]
最後にプレビューで動画の確認をします。これで問題がなければ『注文ボタン』を押し、動画が完成です。またこのプレビュー状態で他の人にURL送りシェアすることも可能なので、完成した動画を数人で確認し再度編集も行っていただけます。

 

自動生成ツールの4つの特徴

①素材とテキストを選ぶだけ!数分で動画作成が可能!
自動生成ツールはテンプレートを選び、素材(画像や動画)とテキストを挿入するだけで動画が完成します。そのため作業量を短縮でき、非常に短い時間での動画作成が可能となります。

 

②動画構成もバリエーションがある
動画作成の際に選択するテンプレートの種類が豊富なことはもちろん、業種や用途によって構成を選ぶことができます。そのため、デザインのトレンドに沿ったフォーマットを利用するこが可能です。

③動画作成を内製化できる
自動生成ツールはサブスクリプションであることも多いため、一度契約してしまえば動画は作りたい放題です。そのため社内で動画作りができる状態となり、動画作成の内製化が実現できます。

 
 

④動画広告のPDCAサイクルを高速化!
パターンの組み合わせにより動画作成ができるので多変量のテストが行えます。PDCAを高速で回し最も効果的なクリエイティブの選択が可能となります。

 

5つの活用シーン


①SNS運用

SNSも今や動画が主流となってきています。Instagramも主に画像をメインとしたSNS媒体でしたが、今はストーリーや5秒から最大30秒の短尺動画を共有できるリールという新機能が出るなど、動画の導入も増えてきました。また短尺動画を楽しむTikTokが世界中で爆発的な人気となり、YouTubeに関しては特に若者にとって、テレビよりも馴染みのあるものへと変化しました。こういった背景からSNSは今後、どの媒体でも動画での運用が必須になってくると考えられます。そのためには頻繁に動画を更新する必要があり、自動生成ツールを駆使するとこでそれが可能となります。またPDCAサイクルを回すスピードも上がるので検索結果の数値分析もでき、SNS投稿を数値で管理しながらアカウントの成長を促すことができます。


②広告

自動生成ツールを駆使することで、知識がなくても動画広告を作成することができます。トップクリエイターが作った広告専用のテンプレートが既に準備されているので、社内にクリエイターがいなくても、わざわざ高額で外注をしなくても、質の高い動画広告の作成が可能となります。短い動画であれば作業時間は数分しかかからないため、バナーを作るよりも早く動画広告を作成することもできます。またいろんなジャンルのものを複数作成することで様々な角度からアプローチをかけることができ、作業量・作成時間の短縮によりPDCAサイクルを素早く回すこともできます。これらを内製化し自社で動画広告を作る企業は今後非常に多くなってくるのではないでしょうか。


③マーケティング

コンテンツマーケティングを行う上で定期的な配信は必要不可欠であり一番効果的なものになります。しかし新しいコンテンツを制作する度に、外部業者に依頼していては費用も莫大になりかねません。またサービス以外に会社の色や雰囲気、思想など目には見えないものを表現しようとなると、外部業者ではそこの共有に多くの時間を費やすことにもなります。しかし自動生成ツールを利用することで、動画制作から配信まで、スキルや経験のない人でも簡単に行うことができます。社内のリソースを上手く活用することができれば、無駄なコストの削減にも繋がります。そしてPDCAサイクルが非常に回しやすくなり、コンテンツマーケティングをスピーディーに展開していくことができます。


④営業

自動生成ツールは営業の一つの手法として駆使することができます。動画作成で最も重要なことは「かっこいいかどうか?」「上手い動画かどうか?」ではなく、「顧客にどれだけ興味を持たせられるか?」「しっかり顧客ニーズに沿ったものか?」です。それは実際に顧客と対面しコミュニケーションをとり、顧客ニーズや相手の雰囲気などを一番近くで理解してる営業マンだからこそ作れるものではないかと思います。そんな彼らが動画作成を行うことができれば、非常に目的にあったものが出来上がるのではないでしょうか。また今まで資料を使い文字で説明していたものを動画に変えるだけで一気にイメージもしやすくなり、顧客のサービス理解の質も大きく変わってきます。サービスの理解度は決定率も変われば、対面時間の短縮にも繋がります。そして営業マンの作った動画を社内でシェアし合うことで、営業のバリエーションも増え、研修などにも利用できます。

 

インタラクティブツールの紹介

RICHKA
RICHKA社より]
 

1つの動画を作成するのに、テロップや記事の見出し文などをコピー&ペーストするだけで動画の作成が可能。5分程度で動画が作れてしまいます。多くの大手企業にも導入している大人気ツール。

 

【RICHKAの特徴】

AIが自動生成
記事のURLを読み込ませるだけで、その中の画像を参考にスライドショー的な動画の作成が可能です。また動画に表示するテロップも非常に編集がしやすく、可読性を考えた作りにもなっています。


②フォーマットは1,000種類以上

フォーマットは業界業種、目的別に作られており、配信するメディア毎に最適化されています。加えて動画フォーマットのオーダーメイド制作も可能です。

定額制なので何個動画を作っても料金は一定
動画生成サービスの場合、プランによって1ヶ月に作成可能な動画の上限数が決まっていることが多いです。しかしRICHKAの場合は用途ごとにあらゆる動画を作っても、請求される料金は一定です。手軽に動画広告やマーケティングも行うことができます。

 
 

 


CM STUDIO

[CM STUDIO社より]
CM STUDIOはテンプレート式かアンケート式のどちらかで動画を簡単に制作ができます。また専門知識も一切必要ありません。動画を作成し、完成した動画のプレビューまでは無料となるので、出来栄えを確認した上で購入の検討が可能です。

 

【CM STUDIOの特徴】

動画1本3万円から制作可能!
初期費用・月額費用は0円!1本3万円から必要に応じて制作した動画の購入が可能です。また制作し、プレビューまでは無料で行えます。

アシスタント機能も搭載
利用方法がわからない人のために、1つ1つ丁寧に教えてもらえるアシスタント機能も充実しています。動画に慣れない人でも安心してご利用いただけます。

③画像や動画素材の種類が豊富
「amanaimages」や「Audiostock」など日本最大級の画像・動画素材を販売している企業と連携しているので、素材はどのサービスよりも豊富です。事前に素材を準備しなくても作成に取り掛かることができます。

 
 

 


 

tollite

[tollite社より]tollite動画制作サービスは2つのプランがあり、制作スタイルに合わせて選択できます。またどちらも非常に低価格で初期費用もありません。安く数本の動画を取り敢えず作りたい企業様にオススメです。

【tolliteの特徴】

1万円~の月額プランと3万円~の単品プランが選択可能。
月額プランは自由にtollite内の素材を使い自身で動画の制作ができます。単品プランは提出した内容を元に、直接クリエイターに制作の依頼をすることができるサービスです。

②単品プランは注文から納品までが最短5日
注文してから最短5日と非常に早く、プロの作成した動画が自分の手元に届きます。また月額プランを利用し自身で動画を作る場合は数分で制作が可能となります。

③スマホとパソコンで手軽に高クオリティーな動画を簡単制作
必要なデザイン、構成、シナリオ要素がつまったオールインワンテンプレートと tollite 専用ウェブで誰でも簡単に高クオリティーな動画制作が可能です。また作った動画はSNSやYouTubeなどで直接配信もできます。


 

自動生成ツール導入をお考えの方は

※動画の窓口は上記のツール会社との業務連携、情報交換を行なっております。動画の窓口は自動生成ツールの資料提供やサービス毎の比較なども無料で行なっております。

「どのサービスがうちに合っているのかわからない」
「もう少し詳しく自動生成ツールについて知りたい」
「活用方法などの事例が欲しい」

などのご質問は「動画の窓口」へぜひお気軽にご相談ください!

一度話を聞いてみる!

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 動画制作は外注すべき?気になるメリットとデメリットについて紹介します!

  2. インタラクティブ動画のおすすめツール3選を徹底比較!制作で重要なポイントも紹介

  3. 自社の商品が動画で売れるって本当?実際に売り上げが伸びたライブコマースの事例10選

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP