ウィークリーニュース

2020年の動画広告市場は2,954億円、昨年比114%の見通し!販促用の広告需要が増加【CA調査】

「動画の窓口」ではビジネスに役立つ、最新の動画情報をお届けしています!

【今回のトピックス】

2020年の動画広告市場は2,954億円、昨年比114%の見通し!販促用の広告需要が増加【CA調査】

2020年は大手広告媒体において、広告主の商品・サービスの幅広い認知を促進することを目的にした広告商品の機能改良が進んだ。その一方で、より広告主の商品・サービスの販売促進に直結した広告効果が得られる広告商品の提供も進んだ。
[MarkeZine]

【動画の窓口POINT!】

①重要ポイントのおさらい
・2024年には現在よりも200%以上成長が予想される。
・スマホが動画広告需要全体の89%を占めている。
・販売を直接的に促進することを目的とする広告商品の需要が大きく増加。
・ユーザーのプライバシー配慮が課題。

②昨年の電通調べとの比較に注目!
・電通の調べであれば数字はもう少し多くなるので、調査の判断が異なることが予想される。
・ただし、伸び率でいうと予測の113%とほぼ近似値。
・5Gの導入、ライブコマースの実践などで2021年は1,000億円さらに上昇する可能性が考えられる。

③動画全盛期!注目されるためには?
・ジャンルの異なる動画コンテンツの発信量を増やす!
・インハウスと外注に区別を!
・おすすめパターンは、動画広告は動画生成ツール、ブランディング動画は外注。Youtubeは自社人材。
・SNSと同時にアーカイブ生の高いコンテンツ倉庫を確保する。
例えば、 クラストリーム  やmillviポータルなど。


[MarkeZine]

こう見ると動画は様々な形に変化をしつつも、需要は今後も大きく上がっていくように感じますね。
そして商品の購入や情報の取得がスマホでより簡易に日常に溶け込んでいく分、直接的な広告が効果的になっていくのではないかと個人的には思っています。動画の窓口で得た情報などを駆使し、今のうちに動画の制作方法だけではなく、その発信方法、活用方法を模索していきたいですね!

さらに詳細の気になる方はこちらの動画をご確認ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

特集記事

TOP