動画コラム

インタビュー動画はさまざまな場面で役に立つ!動画の窓口オススメのインタビュー動画10選を紹介!

企業が制作する動画ジャンルの一つに、「インタビュー動画」というものがあります。

インタビュー動画は採用のシーンや企業紹介のシーンなど、幅広い場面で活用できることに加え、文章や資料では伝えにくい細かな部分を顧客やターゲットに伝えられるものです。

本記事では動画の窓口が厳選するインタビュー動画の紹介と併せて、インタビュー動画を制作するメリットやポイントについて解説していきます。

インタビュー動画を有効活用できれば、経営課題の解決につながることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

インタビュー動画制作のメリット

メモ帳にメリットの赤文字

インタビュー動画を制作するメリットとしては、以下の3つがあげられます。

  • 集客効果が見込める
  • 臨場感のある採用活動ができる
  • 企業ブランディングにつながる

それぞれの詳細を確認していきましょう。

集客効果が見込める

実際に自社の商品を購入したユーザーにインタビューをすることで、リアルなユーザーの声を届けることが可能です。

文章のレビューに比べて説得力が生まれることから、商品購入を検討しているユーザーの背中を押すことにもつながります。

新たな顧客を増やしたい場合には、リアルなユーザーの声を織り交ぜたインタビュー動画の制作をしてみましょう。

臨場感のある採用活動ができる

採用活動の場面でも、インタビュー動画は高い効果を発揮します。

求職者にとって、現場での状況を知る方法は限られています。このようなときに「実際に現場で働く社員のインタビュー動画」を活用できれば、実際の熱量や雰囲気を伝えられるでしょう。

入社後、どのような人と一緒に働くことになるのかを事前に伝えられるのもポイントとなっています。

企業ブランディングにつながる

インタビュー動画を見たユーザーが、企業のファンになるというケースも珍しくありません。

インタビュー動画は、企業ブランディングには最適のツールです。文字だけでは伝わりにくい思いや感情を伝えられるため、ユーザーに訴えかけることができます。

動画として制作することで、動画イメージがそのまま企業イメージにつながる効果も期待できるでしょう。

動画の窓口おすすめのインタビュー動画10選

マイクの画像

ここからは実際に、「動画の窓口」が厳選したインタビュー動画を10選紹介していきます。

どれも素晴らしい動画ですので、ぜひ動画制作の参考としてみてください。

ソニー株式会社

本動画は、若手社員にフォーカスをしたインタビュー動画となっています。

若手にフォーカスをすることで、年功序列ではなく若手でもどんどん挑戦できる風土が伝わってくるのが一つのポイント。

また、動画内の人物がすべて私服でインタビューを受けていることから、ソニー株式会社の自由な風土が伝わってくる動画となっています。

楽天株式会社

本インタビュー動画は、一人の社員にフォーカスをしたインタビュー動画です。

一人の社員にフォーカスすることで、複数人のインタビュー動画よりも強い印象付けが可能。より濃い内容の動画を制作したい場合には本動画を参考にするのが良いでしょう。

BGMと雰囲気もマッチしており、この点でも印象に残りやすい工夫が施されています。

株式会社ツインエンジン

株式会社ツインエンジンのインタビュー動画は、人や経験にフォーカスを当てた内容が印象的です。

インタビューされている社員は入社2年目の企画プロデュース職の社員とベテランクリエイター。

入社2年目の社員は今後の展望や想いについて語っており、クリエイター側は独自目線での社員評価を話しています。

全く別の視点からの話を取り入れることができる、非常に面白い動画に仕上がっているといえるでしょう。

ライク株式会社

ライク株式会社のインタビュー動画は、採用に関する動画です。

入社から年数がたっていない社員にインタビューを実施しており、話の中から「若手でも挑戦できる風土」が伝わってきます。

インタビューをされている社員の雰囲気も良く、会社自体の雰囲気が伝わってくる動画といえるでしょう。

タイガー魔法瓶株式会社

タイガー魔法瓶株式会社のインタビュー動画は、様々な部署の社員にインタビューを実施しているのが印象的です。

動画内では体験談を交えながらインタビューに答えているため、入社後のイメージが付きやすいのもポイント。

仕事内容や担当業務に具体的な内容を織り交ぜることで、入社後の期待を与えられるような内容となっています。

株式会社オークローンマーケティング

株式会社オークローンマーケティングは、通信販売のショップジャパンを運営している企業です。

動画自体がショップジャパンの演出を踏襲しており、多くのユーザーが一度目にしたことがあるのではないでしょうか。

ナレーションを有効活用しているのも印象に残る、一風変わったインタビュー動画となっています。

株式会社バンダイ

株式会社バンダイのインタビュー動画は、会社の良い部分だけでなく悪い部分にもフォーカスを当てているのが特徴です。

悪い部分をしっかりと語ることで、インタビュー動画に説得力を持たせることが可能。

リアルな内容のトークも織り交ぜられていることから、現場の雰囲気が伝わってくるのも印象的なインタビュー動画です。

カルビー株式会社

※制作会社のチャンネルにて公開されているものとなっています。

カルビー株式会社のインタビュー動画は、代表のメッセージから始まっています。

代表の考えや想いを話したのち、実際に社員のインタビューへと移っていき、そこからは入社理由→仕事内容→カルビーの魅力→将来の展望と話が展開されていくのが特徴。

様々な事業部の声が聴けるため、現場の雰囲気がつかみやすいのも魅力の動画です。

株式会社オージーフーズ

無駄な部分を省きに省いたインタビュー動画が、株式会社オージーフーズのインタビュー動画です。

この動画は20秒という短い時間ながらも、依頼による成果と実際のお客様からの声が伝わる内容となっています。

非常に簡単な動画ながらも、メリットがしっかり伝わる動画に仕上がっているため、簡易的な動画を作る際の参考になる動画といえるでしょう。

Mood&Feeling,Inc.

Mood&Feeling,Inc. は、オーダーメイドのシューズを取り扱うMooV Shoesを展開しています。

本動画は実際に注文されたお客様に対して、いくつかの質問をしていく流れで動画が進行。

良い面はもちろん、改善点などをお客様の声として取り入れる様子も動画内では確認できるため、顧客に対して寄り添うイメージを取り入れているのも一つの特徴といえるでしょう。

インタビュー動画制作のポイント

ポイントを示す男性

インタビュー動画を制作するには、主に3つのポイントをおさえておくのがおすすめです。

  • 動画構成をしっかりと練る
  • 複数の角度からの撮影素材を用意しておく
  • BGMをいくつか用意しておく

それぞれの詳細を見ていきましょう。

動画構成をしっかりと練る

インタビュー動画に限ったことではないですが、動画制作時には構成をしっかりと練っておきましょう。

構成がしっかりしていない動画はクオリティが低く、まとまりのない動画になってしまいます。

何を一番に伝えたいのかを根底に置き、そこから動画の構成に肉付けをしていくことで、満足度の高い動画を制作できるでしょう。

複数の角度からの撮影素材を用意しておく

今回紹介した動画にも該当するように、インタビュー動画はさまざまな角度から撮影されています。

正面からの映像はもちろん、横からや下、後ろからの映像を用意しておくことで、より臨場感がある動画が完成するでしょう。

BGMをいくつか用意しておく

動画内で使用するBGMが一つだと、動画の印象が単調になってしまいます。

動画の流れに合わせてBGMを変えていくことで、躍動感のある印象を与えられるでしょう。

BGMを有効活用できるかどうかで動画のクオリティは大きく変わりますので、場面に合ったBGMを挿入してみてください。

インタビュー動画制作に必要な機材

カメラを持つ男性

インタビュー動画制作に最低限必要な機材は、以下の4つです。

  • カメラ
  • マイク
  • 照明
  • パソコン

動画を制作するのであれば、これらのものを用意しましょう。

また、カメラを固定するための三脚があれば撮影が楽になりますし、照明を調整するためのレフ版があれば光の調整が簡単になります。

必要に応じてこれらも併せて用意するのがおすすめです。

まとめ

今回は動画の窓口おすすめのインタビュー動画を10選紹介してきました。

いずれのインタビュー動画も基礎はしっかりと押さえつつ、そこから個性を出している作品ばかりです。

これからインタビュー動画を作成しようと考えているのであれば、まずはしっかりと基礎をおさえることから始めましょう。

また、「動画の窓口」ではインタビュー動画の制作に関しての相談を随時承っております。動画制作に関してのお困りごとがありましたら、気軽にご相談ください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP