動画コラム

企業が自社の動画を作る前に注意しておきたい4つのルール

「企業で自社の動画を作ることが決まったが、制作に取りかかるには、どうすれば良いのか」「どうすれば良い動画が完成するのか」と考えることはありませんか。

イメージ通りの動画を完成させるためには、動画制作の注意事項を守る必要があります。

そこでこの記事では、企業が自社の動画を作る流れと動画制作で注意しておきたいルールを4つ紹介しています。

あなたが動画を制作する際に、守るべきルールが明確になります。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

自社の動画を作る流れ

動画を作る前に、まずは動画を制作する一般的な流れを確認しておきましょう。

  1. 企画:シナリオやイメージ、使用期間などを考える
  2. 構成:動画の展開や出演者を決める
  3. 撮影:企画に沿って撮影する
  4. 編集・音入れ:不要なシーンのカット、BGMを入れる
  5. 修正:編集したものをさらに修正する
  6. 完成:修正した動画を確認し、完成

動画の制作は6つの手順で行われています。しかし、イメージ通りの動画を作るには、動画を作る前のルール決めが大切です。

次の章から動画を作る前に注意したい4つのルールについて紹介していきます。

企業が自社の動画を作る前に注意したい4つのルール

企業が自社の動画を作る前に注意したいことは下記の4つです。

  • 動画全体をイメージする
  • 出演者に社員を入れるか決める
  • 目的を明瞭にする
  • 打ち合わせをしっかりとする

企画や構成、撮影をしていく前に動画を制作する目的を持ちましょう。動画全体をイメージして撮影しなければ、企業が求める動画に仕上げることが難しくなります。

打ち合わせをしっかりと行って、満足のいく動画に仕上げましょう。次の項目から、ひとつひとつ詳しく解説します。

自社の動画を作る前の注意点①動画全体をイメージする

自社の動画を作る前の注意点の1つ目は、動画全体をイメージすることです。

動画全体をイメージするためには、以下のポイントを意識するとイメージ通りの動画に近づきます。

  • ブランドイメージの一致
  • 動画テイストの決定
  • BGMの選定

動画全体をイメージすると一口にいっても、ブランドや動画のイメージ、出演者やBGMなどを大まかに決めておきましょう。

ブランドイメージの一致

ブランドイメージを決めることは、もっとも重要です。企業のイメージと動画のイメージが異なると、視聴者にとって違和感が生まれてしまいます。

ブランドカラー、BGM、出演者のイメージやイラストのテイストを一致させることが大切です。

動画のテイストを決定

ナレーションで進める動画なのか社員が登場するのか、実写なのかアニメーションなのかを決め、YouTubeの動画や担当制作会社の事例を見ながらイメージに近い動画を決めましょう。

BGMを慎重に選ぶ

BGMのイメージは映像全体のイメージに影響を与えます。後からBGMを変えると動画のテンポが狂うので、できる限り制作前にBGMを決めておきます。

自社の動画を作る前の注意点②出演者に社員を入れるか

自社の動画を作る前の注意点の2つ目は、出演者に社員を入れるかどうか決めておきましょう。社員が出演している動画なら、会社で働く姿や生の声が聞けますね。

しかし、映像に社員を入れる場合は、後に退職された場合にトラブルになるケースがあります。事前に十分に確認することが重要です。

エキストラなど役者さんを使うのも有効でしょう。採用動画に使用する場合にも効果的です。

自社の動画を作る前の注意点③目的を明瞭に

自社の動画を作る前の注意点の3つ目は、目的を明瞭にすることです。

目的を明瞭にするためには、以下のポイントを意識するとより具体的な内容の動画に仕上がります。

  • どこで使う動画なのか
  • 今後の動画展開を考える
  • いつまで使用するか

どこで、どのくらいの期間に使う動画なのかを把握して、今後の動画展開をセットで考えることが大切です。

どこで使う動画なのか明瞭に

予算が余っている、何となく必要など、何となくの理由から漠然と動画を作ってしまうことがあるでしょう。

動画の目的を明瞭にすることで、視聴者のイメージに合わせたテイストや動画の長さにできます。

今後の動画展開を考える

会社紹介動画はサービス紹介や採用、研修に使用できる素材を網羅しています。会社紹介動画に使用するだけでなく、2次・3次的に活用できる動画を考えましょう。

撮影した動画素材や編集したデータを活かせると、コストを低くして複数の動画を制作できる可能性があります。

いつまで使用するか把握する

上述にも通じますが、会社紹介は経営計画や採用計画によって、いつかは変更していきます。

いつ頃まで使う予定なのかを決めておきましょう。曖昧な表現ではなく具体性の高い動画ができるでしょう。

自社の動画を作る前の注意点④打ち合わせをしっかりする

自社の動画を作る前の注意点の4つ目は、打ち合わせをしっかりとすることです。

念入りに打ち合わせをしておかなければ、重要な部分が入っていなかったり修正が多くなったりしてしまいます。脚本に力を入れ、制作前から社内調整をしましょう。

字コンテ(脚本)に一番力を入れる

字コンテは全体、全ての脚本になります。制作会社のディレクターと十分に打ち合わせを重ねて絵コンテを作ります。

制作会社側にラフを作ってもらって修正する場合と、ゼロから担当者が制作する場合があります。

動画の窓口ではディレクターにラフを作ってもらうことをオススメします。

制作前に社内調整を万全に

実際に動画を作ったとしても、社内調整をかけたら修正だらけ…なんていうことがあります。延々と制作が終わらなくてお蔵入りになるケースが稀にあります。

チェックの順序や重要な部分が何なのかを、事前に十分に確認しておくことが大切です。

最後は感性を信じる

「なんか良い」「なんか違う」。そういったイメージの違いはとても大事です。しっかりと制作ディレクターに伝え、こだわって調整しましょう。

動画制作の悩みは動画の窓口にお任せください!

この記事では、企業が自社の動画を作る流れと動画を作る前に注意しておきたいことを4つ紹介しました。自社の動画を作る前には、動画全体をイメージして目的を明瞭にしましょう。

さらに、打ち合わせをしっかりすることが大切です。最後には自分の感性を信じてイメージ通りの動画を制作すると良いでしょう。

動画の窓口では動画制作を得意としています。動画制作の流れの相談や、イメージ通りの動画を制作したいといった悩みを解決をしてきた実績があります。

動画制作の悩みは動画の窓口にお任せください。あなたの希望通りの動画に仕上がるための手助けを行なっています。

監修:[動画の窓口 動画コンシェルジュ 池上和]

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP