話題のニュース解説

切り抜き動画 一強時代到来!?UUUM許諾プログラムから見る、今後のビジネスと切り抜き動画!

YouTuber事務所・UUUMが専属クリエイターのうち一部の対象者に関して、「二次創作ライセンス許諾プログラム」をスタートしたことを発表。二次創作制作者が、クリエイターのコンテンツを”切り抜く”ことについて、個人の視聴者がクリエイターを応援する方法のひとつとして捉え、また、認知拡大の機会創出にもつながると考える方針。現在、この「二次創作ライセンス許諾プログラム」について「東海オンエア」が取り組みをスタートしており、今後、対象クリエイターは拡大の予定。
<UUUM>

【動画の窓口POINT!】

Point① 「切り抜き動画」一強時代到来?

■「切り抜き動画」とは!?
長時間動画(主に生放送)が第三者によって特定場面のみを抜粋され、
カット等編集の上で再投稿されたものである。
ニコニコ大百科(仮)

■「二次創作ライセンス承諾プログらむ」とは!?
2次利用者は視聴数やチャンネル登録を稼げる代わりに、収益の一部を1次の人物または事務所に
バックマージン出来るYoutubeのシステム

■切り抜き動画のメリット
・コンテンツスキルが低くても制作可能
・編集スキルが低くても制作可能
・知名度あるコンテンツを利用可能なため拡散がされやすい
・運用リスクが低い

Point② ビジネスでも使える!「切り抜き動画」の活用方法

■対談やオンラインセミナーなどロングコンテンツの二次活用として
長い動画はライブでないと視聴されるのが難しいが切り抜きににすることで、
視聴者が興味のある話題だけを抜き出して訴求可能。

■社員向け研修動画として
zoomなどを使ったなどの研修動画を切り抜くことで、トピックごとの研修動画を社内で格納していける。

Point③ 切り抜き動画制作の際のポイント!

■1動画1話題
タイトル/サムネイルと中身をしっかりリンク
■1分~3分の短時間に抑える
■他の動画の誘導やアンケートなどをしたたかに設置

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 動画制作は外注すべき?気になるメリットとデメリットについて紹介します!

  2. インタラクティブ動画のおすすめツール3選を徹底比較!制作で重要なポイントも紹介

  3. 自社の商品が動画で売れるって本当?実際に売り上げが伸びたライブコマースの事例10選

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP