動画コラム

【最短一日】短納期動画制作とは?活用方法を併せて紹介!

「明日にはプロモーション動画が欲しい!」、「1週間以内にプレゼン動画を作らなければいけない」

今、この記事を読み始めた企業担当者の方!このように、動画の制作を切迫した状態で迫られてはいませんか?

動画制作の制作日数は、通常は2ヶ月〜1年かかるといわれています。その事実から、動画制作自体を見送った経験がある方も少なくないはずです。

そこで、「短納期で動画制作はできないのか?」という声に焦点を当てて作られたのが、「短納期動画制作サービス」です。

動画を短納期で制作できることを知らずに、商品のプロモーション機会やイベント動画制作の機会を逃してしまうと、企業として後々大きな機会損失だったということになりかねません。

そのため、本記事にて短納期動画制作のプロセスやメリットについて知り、効果的な活用法について学びましょう。

短納期での動画制作に関しては下記の関連記事もご覧ください。

(出典:https://www.pexels.com/ja-jp/photo/320617/)

短納期動画制作サービスと通常の動画制作における違い

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/66134/

短納期動画制作サービスとは、その名の通り、圧倒的に短い期間で動画を納品することができるサービスのことです。

このサービスを利用することで、急なプロモーション機会にも対応することが可能となります。

では、通常の動画制作との違いはどういったところにあるでしょうか?

ここでは、通常の動画制作と短納期での動画制作の違いをみていきます。

通常の動画制作における納期と短納期制作における納期の違い

動画制作にかかる期間は、一般的に2ヶ月から長いもので1年間かかるといわれています。

つまり、通常時は動画制作を外注依頼する場合、目的や用途にもよりますが3ヶ月以上前から依頼をかけないといけません。

一方、短納期制作では、「最短1日」での納品が可能です。

短納期動画制作を提供している会社によって、その納期の幅はあるかもしれませんが、動画の窓口で提供している「動画の窓口 Express」では、最短1日で提供した実績があります。

通常の動画制作における納期と短納期での動画制作における工数の違い

動画の作成には多くの工数が発生します。

  • ヒヤリング
  • 企画書制作
  • シナリオ・コンテ作成
  • 動画撮影
  • 動画編集
  • 音入れ
  • 校正
  • 校正再編集
  • 納品

などです。

上記のなかでも、校正部分が動画制作に最も時間がかかるとされています。

校正→再編集→校正→再編集……この繰り返しが非常に時間がかかり、短納期での納品を難しくしています。

しかし、短納期動画制作は、校正にかかる時間を短くすることで素早い納品を可能としています。

通常の動画制作と比較して、短納期動画は最短当日~1週間前後で納品できるのです。

短納期での動画制作だからといって、クオリティが下がるわけではない!

最後に、恐らく企業担当者さんが最も懸念している点について、触れておきたいと思います。

「短い期日で急いで制作したから、クオリティが下がるのではないか?」

という懸念点ですね。

ですが、心配しないでください。

納期が短いからといって、クオリティが大きく下がるわけではありません。

担当者動画制作は、時間とコストを抑えた制作方法であることを理解しておきましょう。

短納期動画制作サービスの活用事例を4つ紹介

https://www.pexels.com/ja-jp/photo/1226398/

では、ここから短納期動画制作サービスの事例についてみていきましょう。

動画の制作を切迫した状態で迫られたことの無い担当者の方も、今後こういった事例があるかも、と思って読むと今後のビジネスシーンに役立つはずです。

活用事例①新商品のプローモーション広告

短納期動画制作サービスの活用事例1つ目は、新商品のプローモーション広告です。

新商品が決定し、プロモーション広告が急遽必要な場合に、短納期動画制作は有効な手段といえます。

通常の動画制作にかかる時間に比べ、遅くとも1ヶ月以内に動画を作成できるのが、短納期動画制作サービスの利点です。

納得がいくまで校正を行ったとしても、1ヶ月以内にはプロモーション広告が仕上がります。

商品があるのに、プロモーション広告ができていないため発売日を遅らせるという心配点がないのが強みといえるでしょう。

活用事例②結婚式のエンディングに活用

短納期動画制作サービスの活用事例2つ目は、結婚式のエンディングに活用することです。

結婚式場の多くは、大型のスクリーンが設置されています。 結婚式が開始される前に、「新郎新婦の友人の声」を撮っておき、その場で編集しエンディングとして流すことも可能です。

短納期動画制作では、プロのカメラマンと編集者が現地に赴き、お客様の目の前で動画制作を行います。

なので、修正のやり取りがスムーズにいくメリットを生かし、当日の納品も可能な場合があります。

結婚式はあらかじめ打ち合わせなどを行なっておくと、当日利用の場合もスムーズに進みますよ。

活用事例③サプライズイベント用の映像制作

短納期動画制作サービスの活用事例3つ目は、サプライズイベント用の映像制作です。

短納期動画制作の強みの納期短縮により、「急遽サプライズで映像を用意したい! 」というお客様の声にも対応することができます。

会社のイベントや、街の行事に利用するなど様々な利用ができるのも短納期動画制作の強みです。

活用事例④リモートワーク研修の映像制作

最後に紹介する短納期動画制作サービスの活用事例は、リモートワーク研修の映像制作です。

新型コロナウイルスによる、リモートワークが増えてきている近年。 新しく採用された方を教育するために、動画研修が増えてきています。

新しく動画研修を利用したいと考えていても、通常の動画制作は何ヶ月とかかってしまいます。 短納期動画制作サービスを利用すれば、素早い対応が可能です。 企業の担当の方と直接お話し、動画制作を行うのでスピード感ある動画制作が可能です。

短納期動画制作サービスを展開している「動画の窓口 Express」の紹介

ここまでは短納期動画制作サービスについて紹介してきました。 実際に利用するならどのサービスが良いのか迷いますよね。

短納期動画制作サービスのオススメは、メディアパーティ株式会社が提供している「動画の窓口 Express」です。

「動画の特急便」は前章で紹介した短納期での活用事例全てに対応しています。

数ある短納期動画制作サービスの中でも、「動画の窓口 Express」の特徴は、派遣型動画制作サービスを行なっている点です。

派遣型サービスにより、撮影・編集・構成をお客様先で行います

そのため、通常の動画制作で時間がかかる時間を大幅にカットすることが可能です。「動画の特急便」による強みは下記の通りです。

  • 納品までのスピードが早い
  • 高いクオリティでの納品
  • 豊富なバリエーションの数々
  • 完全オーダーメイドの動画制作

また、「動画の窓口 Express」独自の派遣型動画制作により、下記の点でも他社にはない強みがあります。

  • 納品までの日数
  • 高精度
  • 低コスト

急な動画制作にも対応できる「動画の窓口 Express」は、無料のオンライン相談も受け付けてます。

まずは気軽に社内スタッフに相談する感覚で利用してみてはいかがでしょうか?

下記のボタンから詳細をご覧いただけます。

短納期動画制作サービスのまとめ

今回は「短納期動画の活用事例4つと動画の窓口 Express」について解説をしてきました。

短納期動画制作サービスのポイントをまとめます。

  • 納品日数の短縮化
  • 人件費削減による低コスト化
  • お客様と直接編集を行うことによる高品質化

これまでの動画制作に比べても、品質を落とすことなく納品できることが、短納期動画制作サービスの強みです。

今すぐ動画制作の依頼をしないと間に合わないという企業担当者の方は、弊社メディアパーティの「動画の窓口 Express」までご相談ください。

また、無料のオンライン相談も利用することができるので、まずは相談という方は下記ボタンを押してお問い合わせください。

監修:[動画の窓口 動画コンシェルジュ 池上和]

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 中野あおぞらアート教室 第1回・第2回を開催しました!

  2. 【動画の窓口 Business Meet Up】の模様を動画にまとめました!

  3. カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  1. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  3. 3

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

TOP