動画コラム

ストリーミング動画配信システムについて解説!おすすめのツール紹介も!

今回はストリーミング動画配信システムについての解説をしていきます。

ここ数年で急激に動画の需要は高まり、様々な場面で動画の活躍を目にするようになりました。動画を活用したプロモーションはもちろんのこと、採用や研修、営業、提案資料などにも活かされるようになっています。今そういった多様な部分を動画化し、仕組み化を目指している企業様も多いのではないでしょうか。 今回はそんな企業様におすすめする、ストリーミング動画配信システムについて解説をしていきます。
あまり聞き慣れない言葉ですが、このスロリーミング動画配信システムは実は既に私たちの日常に溶け込んでいるものなのです。YouTubeやhuluなどがその例の1つです。
そして今回ご紹介するものは今まさに、動画での仕組み化やプロモーションを目指す企業様にとっては、非常に有益な情報になるかと思います。

おすすめのツールもそれぞれの特徴と共にご紹介をしていくので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

ストリーミング動画配信システムとは?

ストリーミング動画配信システムとはいったいどんなものなのか?先ほど1例にYouTubeとhuluをあげましたが、ストリーミング動画配信システムとはインターネット上の動画や音楽などといったメディアをすぐに再生できる動画配信システムのことです。YouTubeやhuluのようにダウンロードする必要もなく、その場ですぐに動画を見ることができます。

この技術を活かし社内の仕組み化や動画でのプロモーションを助けるツールが続々と出てきています。
その中でも動画の窓口が今回おすすめするツールは【millvi】【クラストリーム】の2社です。この2社は動画を活用しながら様々な場面での仕組み化を可能にし、動画でのサービス販売や会員ビジネス等も叶えることができます。
このツール一つで企業様が抱える多くの課題を解決できるのではないかと思います。

 
ストリーミング動画配信システムについてより理解を深めたい方はこちらの動画をご覧ください。

(ストリーミング動画配信の解説動画をのせる。)

ストリーミング動画配信システムでできること


①動画販売サービス

ストリーミング動画配信サービスはコンテンツさえ揃っていれば、動画販売サイトの構築がすぐにできてしまいます。またツールにより異なりますが、様々な販売方法での対応が可能です。クレジット、電子決済などの決済方法はもちろん、レンタル販売やセット販売、月額制度など多岐に渡った販売方法を選択いただけます。動画販売のコンテンツとしては、自社で持っている情報やノウハウなどを解説動画として配信したり、ドラマやアニメ、映画を作成しコンテンツとするのも面白ろそうです。動画を駆使するとどんなものもコンテンツとして提供ができるので、事業の幅も広がっていきそうです。


②ライブ配信
ストリーミング動画配信システムのできることとして、ライブ配信もその1つです。今やSNSをはじめ多くの媒体が取り入れているライブ配信ですが、この効果は日本のみならず、世界中で実証されています。その中でも一番の経済効果を出しているのはライブコマースではないでしょうか。ライブコマースとは視聴者に対して、ライブ配信で直接商品を販売する手法のことです。日本ではまだ馴染みがありませんが、今後皆さんがよく目にするサービスとして変わっていくと考えています。ライブ配信はアイディアだけでどこまでも伸びる可能性があるので、自社のサービスと掛け合わせるのも面白そうです。


③研修・育成の仕組み化
研修や育成は多くの企業様にとって最も仕組み化したい部分なのではないでしょうか。研修・育成は思っている以上に労力を使いますが、基礎知識においては、直接人が教える必要のないものも多々あります。ここにストリーミング動画配信システムを活用することで簡単に仕組み化が可能となります。サービスによってフォーマットは異なりますが、基本的には動画を作成してから、ポータルサイトへアップロードし、社内の人間もしくはIDを持っている人がその動画を視聴するという流れです。視聴者データも確認できるので教育管理も整います。またグループ毎に見せる動画を変えたり、期間限定の配信にしたりと様々な機能も搭載されています。


④会員制の動画配信サービス
ストリーミング動画配信システムではどのツールも基本的に、視聴にはIDとパスワードが必要となります。それはセキュリティーの安全を確保するためです。しかしこの機能を応用することで会員限定の動画配信サービスを展開することも可能になります。どのツールでもポータルサイトを分けることができるため、オンラインサロンのようなビジネス展開が可能になります。またその運用がしやすいようにポータルサイトは自身でデザインができる仕組みになっており、開発のコストも抑えながら、スピーディーに導入することができます。

ツール紹介

millvi

[millvi社より]

millviでは様々な動画ソリューションが用意されており、動画を使い企業のニーズや多くの問題を解決することができます。700社以上の企業で利用されている国内最大級のクラウド型動画配信システムです。

 
 

【millviの特徴】

①動画のポータルサイト管理、コンテンツ販売サイトの構築システムなど様々なサービスを展開
大手企業の導入実績も豊富なmillviは、様々な動画ソリューションが準備されています。操作方法もシンプルでわかりやすく、これから初めて動画での仕組み化や配信などを試る企業様には最適なツールになっています。


②シンプルでわかりやすい操作性を実現
プログラミングの知識がなかったり、動画配信が初めての方でも簡単に利用できる操作性の良さもmillviの特徴の一つです。また万が一使い方がわからなかった場合でも、サポートページやサポートセンターによるアドバイスも受けることができます。


③セキュリティに強い。動画がコピーされにくいストリーミング配信方式。
millviは強固なセキュリティー体制が整っています。IDやパスワードを持っていないと観覧ができないのはもちろん、動画ファイルの暗号化も可能となっています。制限を強化することで、著作権のコントロールもできるようになります。

クラストリーム

[クラストリーム社より]

クラストリームは録画動画やライブ配信を、限定した視聴者へ安全に配信することができる高機能動画配信システム・プラットフォームです。スマホやタブレットでも簡単にその場で動画をアップロードすることもできます。

 

【クラストリームの特徴】

①保存容量は業界最大クラスの1,024GB。約3,000時間の動画データを保存可能!
こちらは他のサービスと比較しても桁違いの保存容量となっています。研修動画や営業動画、普段の撮影データなど全ての動画の容量を気にすることなく保存が可能です。

②2倍速で再生しても、しっかりと「聞こえる」音声で動画が視聴できる
こちらは業界初となる「聞こえる倍速」という新機能です。早送り再生を2倍にしてもしっかりと音声が聞こえるようになっているので、動画の視聴時間が短縮され、業務の効率アップにも繋がります。

③限定動画配信サービスをすぐにスタートできる!
会員管理や限定配信の仕組みなどが全て準備がされているので、あとは動画を用意するだけです。最短5分で動画配信をスタートすることができます。

ストリーミング動画配信システムの導入をお考えの方は

※動画の窓口は上記のツール会社との業務連携、情報交換を行なっております。

動画の窓口はストリーミング動画配信システムの資料提供やツール毎の比較なども無料で行なっております。

「どのツールがうちに合っているのかわからない」
「もう少し詳しくストリーミング動画配信システムについて知りたい」
「活用方法などの事例が欲しい」

などのご質問は「動画の窓口」へぜひお気軽にご相談ください!

一度話を聞いてみる!

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. GIFを使った新しい動画投稿がPR Timesのプレスリリースで実施!これは流行る!

  2. 【動画の窓口5周年】サステナブルデータで記念動画を制作しました!

  3. Youtube動画『動画プロデューサーの1日-動画の窓口 池上和-』を公開!

  1. 子ども向け表現活動『中野あおぞらアート教室』を実施しました

  2. 【YouTube Shorts攻略!】企業担当者向けの実践的な活用方と作り方!まるっと解説します!

  3. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

ランキング

  1. 1

    カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  2. 2

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  3. 3

    テンポのよい動画で視聴維持率をあげよう!ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します

TOP