動画コラム

【諦める必要なし!】急ぎで必要な動画を最速で制作する方法を解説!

動画制作はさまざまな場面で有効活用されるようになってきました。

例えばYouTube用に撮影した動画の編集であったり、商談で商品紹介のプロモーション動画を見てもらったりとビジネスでも動画制作が浸透しつつあります。

そして、現在ビジネスの多くで重宝されている制作動画が「短納期動画」であり、動画を用いる機会が多くなった企業では短納期での動画の納品を求めるようになりました。

今回は、急ぎで必要な動画を最速で制作する方法を解説していきます!

短納期動画とは?

短納期動画とは?

短納期動画とは、短い納期で動画制作される動画のことで、現代のビジネスやイベントにおいてかなり使われている動画制作手法です。

動画のクオリティや長さにもよりますが、通常かかる時間よりも早めに動画を制作してもらうことができます。

短納期動画のメリット

短納期動画のメリットとしては、急遽動画が必要となった時に対応してくれるところです。

動画制作となると基本は1週間以上かけて制作していく流れですが、短納期動画の場合は最短1日で動画制作をすることが可能となります。

中には動画が必要だと気づいたときには手遅れと思われがちですが、短納期動画制作を請け負っている企業へ依頼すると間に合うケースが多いです。

短納期動画のデメリット

短納期動画のデメリットとして、短い期間で制作する分どうしてもクオリティが落ちやすいところがあります。

動画が必要となる日程までの間がほとんどない場合、クオリティも求めてしまうと時間が足りなくなるでしょう。

また、自社で動画を制作するより予算が多くかかってしまうところもネックです。

短納期動画が使えるシーン

短納期動画が使えるシーン

短納期動画は、いろんな場面で使うことができます。

主に使われるシーンとして以下の通りです。

  • 社内プレゼン
  • 展示会
  • 式典
  • 採用動画

では、シーンごとに詳しく見ていきましょう。

社内プレゼン

社内のプレゼンにおいても、今では動画を使ってプレゼンを行なうシーンが多いです。

前まではテキストやスライド映像でのプレゼンが主流でありましたが、動画の方が大量の資料を制作せずとも伝えられますし、頭に入りやすいです。

またプレゼンを聴いている側も頭の中でイメージしやすくなるため、プレゼンで動画を用いる場面が増えてきています。

展示会

今では「展示会」や広告で流す「デジタルサイネージ」の映像制作依頼が増えています。

デジタルサイネージとはディスプレイに広告を流す媒体のことです。

デパートの通路や駅構内の建物柱に設置されているため、駅やデパートをよく使用する人は見たことがあるかもしれません。

今ではデジタルサイネージを使用した企業広告が広まっており、多くの人が目にする場所に設置されてあるのが特徴です。

展示会でも今ではディスプレイを使った映像が使われ、そのための映像制作の仕事も増えてきています。

企業戦略の観点においては、今後も利用していく企業が増えていくでしょう。

式典

主に結婚式会社の記念パーティーなどで使われる映像も、短納期で制作されているジャンルです。

結婚式であれば、新郎新婦の思い出の映像や感動するシーン、会社のパーティーであれば社員MVP発表などでよく使用されています。

また、式のオープニングや中盤、エンディングなど用途もさまざま。

どのタイミングで入れるかも決められるうえ、開催が近くなっても急ぎで依頼できるのは心強いです。

採用動画

就活生向けの企業説明会においても、今では動画を用いて説明する企業は増えてきています。

かつてはテキストやスライドなどを用いて合同説明会を行なうのが主流でした。

しかし就活生にとってテキストの場合だと、頭の中でのイメージでしか内定先を決めなければならないため、判断材料に乏しくなります。

そこで実際に業務を行なっている映像や社員インタビュー映像があると、就活生は自分が働いているイメージを想像しやすくなるでしょう。

今後は採用活動においても、動画制作は欠かせないものとなります。

短納期動画を最速で制作する方法

短納期動画を最速で制作する方法

急に映像がほしくなった時、予定までに間に合うかどうかでやきもきするのも嫌ですよね。

そこで、短納期動画を最速で制作する方法は以下の通りです。

  • 制作進行と社内調整を並行して行なう
  • 絵コンテを省く
  • 脚本作成を制作会社のディレクターと一緒に考える
  • 制作会社が撮影したその場所で編集する
  • 別のシーンでも使える動画を作る

では見ていきます。

制作進行と社内調整を並行して行なう

動画制作をする際、社内のさまざまな部署をまたがって意見を一致させなければいけません。

そうなると、せっかく制作したのはいいものの、全員の意見が一致せずに結局動画を使うことができなかったのでは本末転倒です。

そのため、動画を制作するのと同時に社内の重要人物に脚本を度々確認してもらい、内容に咀嚼がないかを確かめることが重要となります。

絵コンテを省く

短納期かつ最速で動画を制作したいのであれば、絵コンテを省くのも選択肢の一つです。

絵コンテは撮影する前の段階で映像の流れを確認したり、監督がイメージしているものをスタッフへ伝えるために使われる設計図でもあります。

クオリティも意識して映像を作るのであれば、絵コンテでみっちりイメージを固めることが重要ですが、短納期となると時間をあまりかけることはできません。

そのため、絵コンテを省略して映像内容を固めていくことが最短で動画制作をする上では重要になります。

脚本作成を制作会社のディレクターと一緒に考える

脚本は通常、クライアントの方で希望する内容で組み立てていくものですが、最速で短納期動画を作る場合は動画制作のプロであるディレクターと作るのが効率的です。

クライアントが考えた内容をディレクターのアドバイスによって不要なところを削ったり、最も伝わる動画にする方法を一緒に考えていくことで制作の効率化を図れます。

最も最短で、最も効率的に制作を進めいくのであれば、動画制作ディレクターと一緒に制作することをオススメします。

制作会社が撮影したその場所で編集する

動画制作をする場合、撮影を行なってから制作会社が後ほど編集を行なうのが通常です。

しかし、最短で動画を制作する場合、一旦持って帰って編集するのでは時間がかかり、クライアントと制作会社で編集内容を共有する場合も時間がかかります。

そこで制作会社がクライアント企業で撮影後そのまま編集を行なうことで、クライアントと制作会社がその場で一緒に制作を進めることが可能。

クライアントは映像に関する意見をすぐに伝えることができ、制作会社のクリエイターが制作を進めながらすぐに確認できるためお互いにとってメリットだらけなのです。

別のシーンでも使える動画を作る

一度制作した動画を、別のシーンでも使えるように制作することも時間短縮になります。

短納期で動画を制作する際ほとんどの場合が急を要する案件のため、どれだけ効率化できるかがカギ。

そのため、過去に使った動画をそのまま別のシーンで使えると、時間が無くても間に合わせられます。

一度使った動画は、別の場面でも使えるようにしておくのも今後のためになるでしょう。

急な動画制作が必要でも諦める必要はありません

動画制作は時間をかけて行なうイメージが強いため、急に必要となった場合はどうしても諦めてしまいがちです。

しかし、今の時代は動画を最短最速で制作する方法もあるため、可能な限り動画制作会社に相談することがオススメです。

動画の窓口でも短納期動画制作の依頼を承っておりますので、急に映像が必要となった際は気軽にお声がけください。

監修:[動画の窓口 動画コンシェルジュ 池上和]

関連記事

特集記事

TOP