ウィークリーニュース

YouTubeギフティングの活用マニュアル!ギフティングを活用したPRとは!?

株式会社エビリーは、運営する動画SNSデータ分析ツール「kamui tracker」のYouTuberギフティングへの活用マニュアルを公開。
<PR Times>

【動画の窓口POINT!】

Point① ギフティングで自社コンテンツをPRしよう!

メーカーは PRのために 商品などのコンテンツを無償で提供
→インフルエンサーはそれをネタとしてYouTubeなどで紹介

Point② ギフティングの相性、注意点などは?

食品、化粧品、雑貨、など実際の商品が存在する小売などが相性が良い。
旧来は美容院などでモデルなどを募ってカットしていたのもギフティング。
★ギフティング後は問い合わせが入りやすいので窓口や販売体制を整えてから行う
★コンテンツの著作権はクリエイター側に依存する。

■注意点
①もらった相手のブランディングをプッシュアップ出来ること。
② 新商品、高級、珍品、など入手困難物や話題性が見込めるモノであること。
③ 過度な手間や要求を与えず、クリエイターの創造力に頼ること。

Point③ ギフティングの対象として望ましい相手とは?

■対象
・Youtuber
・Tiktoker
・Instagramer
・インフルエンサー
・Key opinion leader(KOL)
・Key opinion consumer(KOC)

■相性
・特定のブランディングを持っている
・特定の視聴者に指示されている
 →フォロワーが多ければ良いとは限らない
・別のギフティング案件などを行なっている

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP