動画コラム

Vegas Pro 19の使い方や特徴を紹介!お得に購入できる時期とは?

「Vegas Pro 19ってどんなソフト?」
「どんな特徴や機能があるの?」

このように、Vegas Pro 19について気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、Vegas Pro 19の特徴や機能、料金体系について紹介しています。また、動画編集の経験がなく不安を抱えている方や、プロ顔負けのハイレベルな映像を作ってみたい方にピッタリの情報が満載です。

記事の後半では、Vegas Pro 19をお得に購入できるキャンペーン時期にも触れているので、ぜひ参考にしてください。

Vegas Pro 19とはどんなソフト?

パソコンと映画のカチンコ

Vegas Pro 19は、短時間で高品質な映像を作りたい方にピッタリな映像制作ソフトです。

映像を編集できるソフト「Vegas Edit 19」に加え、以下3つのツールが含まれています。

ツール特徴
VEGAS Streamあらゆるプラットフォームでライブを配信できるソフト
Boris FX Primatte Studio映画監督などが愛用しているクロマキー合成プラグイン
SOUND FORGE Audio Studioノイズ知らずのサウンド編集ソフト

使いやすい映像制作ソフトとして人気を博しており、映像を編集したことがない初心者の方やYouTuberを始めてみたい方にもおすすめです。

Vegas Pro 19の特徴

電球のイラストと描く手元

Vegas Pro 19がどんなソフトなのか理解したところで、次はVegas Pro 19の特徴をみていきましょう。

Vegas Pro 19の特徴には、主に以下の3つが挙げられます。

  • 直感的でスピーディーな動画編集が可能
  • ハイスペックPCじゃなくても利用できる動作環境
  • さまざまなプラットフォームで手軽にライブ配信ができる

特徴をしっかりと理解することで、Vegas Pro 19の持つ最大限の力を有効的に利用できます。ぜひ参考にしてください。

直感的でスピーディーな動画編集が可能

Vegas Pro 19は効率性を重視したインターフェースが採用されており、編集用の軽量な映像ファイルを自動的に作成してくれます。また、レンダリングも高速なので重くならず、滞りなく画面を表示してくれるのです。

これにより、作業がサクサクと捗るスムーズな使いやすさを実現しました。初心者でも利用しやすい操作性があることから、動画を初めて編集する方でも簡単に利用できると言えます。

ハイスペックPCじゃなくても利用できる動作環境

Vegas Pro 19は、世界一軽い動画編集ソフトと言われています。PCのスペックにかかわらず、簡単な動画編集であれば問題なく対応可能です。動作環境が整えられている点は魅力的だと言えるでしょう。

とはいえ、Vegas Pro 19を不具合なく利用するためには、ある程度のスペックを持ち合わせたPCが必要となってきます。Vegas Pro 19が要求しているPCおよびスペックを以下にまとめたので、参考にしてください。

対応OSWindows® 10(64ビット版)
CPU通常:第6世代Intel Core i5(またはAMDと同等)以上   2.5 Ghzおよび4コア以上4K:第7世代Intel Core i7(または同等のAMD)以上  3.0 GHzおよび8コア以上
メモリ通常:16 GB推奨
4K:32 GB推奨
ハードディスク空き容量通常:プログラムインストールに1.5GB
4K:プログラムインストールに1.5GB  4Kメディア用のソリッドステートディスク(SSD)

(参照:ソースネクスト公式HP

さまざまなプラットフォームで手軽にライブ配信ができる

冒頭で触れましたが、Vegas Pro 19を購入すると、ライブ配信用ソフト「VEGAS Stream」が利用できます。

さまざまなアプリやストリーミングサービスと連携できるため、誰でも手軽にライブを配信できる点がポイントです。

ちなみに連携しているサービスは、主に以下のようなプラットフォームが挙げられます。

  • YouTube
  • Zoom
  • Skype
  • Slack
  • Twitter など

ソーシャルメディアにおけるライブチャットやコメント、投票など、全てをリアルタイムで繋げられ、プロのようなライブ配信を簡単に作れます。

また、Vegas Pro 19に直接入力してライブ配信動画を編集すれば、好みのオーディオを付け加えたり、アーカイブ動画として視聴者と共有したりすることも可能です。

Vegas Pro 19の主な機能

パソコンの動画編集画面

ここまで、Vegas Pro 19のさまざまな特徴についてみてきました。

次は、Vegas Pro 19には具体的にどのような機能が備わっているのかについて解説していきます。解説する機能は以下の3つです。

  • 自動シーン検出機能
  • SD・HD映像を4Kにアップスケール
  • 合成専用プラグイン

それでは、順にみていきましょう。

自動シーン検出機能

自動シーン検出機能によって、シーンの切り替わりが自動的にピックアップされ、円滑な作業をサポートしてくれます。どこをカットするのか、どこにエフェクトを入れるのかなどの目安を視認できるため、スピーディーに動画を編集できるのです。

SD・HD映像を4Kにアップスケール

AI技術で解像度の低い映像が拡大されることで、より美しく綺麗な高解像度の映像に変換できるようになりました。ただ単に、SD・HD画質で撮影した映像の画質や画面サイズに順応するだけでなく、4K並みの高画質を叶えるのは優れた機能と言えるでしょう。

合成専用プラグイン

ハリウッド映画『ロード・オブ・ザ・リング』『ハリー・ポッター』『スパイダーマン』などで使用されている合成プラグインは、アカデミー賞にノミネートされたツールです。この先進的で信頼の厚い技術を利用できるのは、Vegas Pro 19ならではの機能と言えます。

没入型のクロマキー合成プラグインにおける機能は、以下の通りです。

  • グリーン/ブルースクリーンの自動分析
  • 手動の透明度調整
  • スクリーンのライティング調整
  • エッジ補正
  • クリーニングツールセット
  • モカマスキング
  • 平面トラッキングシステム

Vegas Pro 19の料金形態について

Priceと描かれた付箋

Vegas Pro 19の料金は、39,800円(税込)で販売されています。定期的に割引キャンペーンが行われているので、キャンペーン実施中に購入するとお得です。

2021年12月26日現在、Vegas Pro 19を代理で販売している日本の会社「ソースネクスト」の公式HPでは、キャンペーンが行われています。同年12月28日までの期間限定ですが、62%OFFの14,800円(税込)となっているため、このチャンスを逃さないようにしましょう。

もし購入に悩んでいるのであれば、Vegas Pro 19を7〜30日間無料で利用できるお試し体験をおすすめします。実際に試してみることで使いやすさやスピード感などを把握でき、十分な判断材料となり得るでしょう。

また動画編集を充実させるオーディオプラグインや、動画編集のやり方を説明したガイドムービーも販売しています。気になる方は、下記の公式HPから確認してみてください。

ソースネクスト公式HP(※ソースネクストはVegas Pro 19を販売している日本の販売代理店です)

Vegas Pro 19で誰よりも素敵な映像を作ろう!

この記事では、Vegas Pro 19の特徴や機能、料金について紹介しました。

Vegas Pro 19は直感的な操作性で使いやすく、動作が非常に軽い映像制作ソフトです。また、最先端をいく充実した機能が豊富に備わっています。

動画編集の経験がない初心者からの支持も厚いため、まずは無料お試しからでも体験してみてはいかがでしょうか。プロレベルの映像を簡単に作れるVegas Pro 19を導入して、オンリーワンの素敵な動画を作ってみてください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 中野あおぞらアート教室 第1回・第2回を開催しました!

  2. 【動画の窓口 Business Meet Up】の模様を動画にまとめました!

  3. カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  1. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  3. 3

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

TOP