話題のニュース解説

【縦型動画を作るポイントを解説!】Nikonが激アツなアワードを開催!縦型動画を作って応募してみよう!

映像クリエイターへの様々な支援を通してNikon Z シリーズの魅力と共に、クリエイターが作品を作りたくなるコンテンツを発信する『Z to Go -Creators in the field-』プロジェクト。
このプロジェクトの集大成となる動画アワード、『-Nikon Presents- Vertical Movie Award 2022』が10月中旬より開催!“新しい挑戦”をテーマにしたこだわりの縦型動画作品を募集し、”縦型動画の代名詞”となる作品を決定。

【動画の窓口POINT!】

Point① Awardの概要

■テーマ:「新しい挑戦」
必須条件は9:16の縦型動画
ジャンルは不問!
Ex)・ショート・ムービー・ドキュメンタリー
・イメージ映像・MV・ファッションムービー
■参加費:無料(※応募方法など詳細は10月中旬に公開予定)
■応募受付期間:2021年10月中旬予定~2022年1月上旬予定
■参加資格
プロ、アマを問わず日本国内在住で満16歳以上の方。
■作品規定
他コンテストでの受賞歴や選考された作品はエントリー不可。

Point② 縦型動画を作るポイント

■被写体
■参考映像
■目線誘導
■画質
■デザインバランス
などについて重要ポイントを解説!!

Point③ オススメ参考動画

構図、設計、構成などの観点からオススメ動画を紹介!

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 動画制作は外注すべき?気になるメリットとデメリットについて紹介します!

  2. インタラクティブ動画のおすすめツール3選を徹底比較!制作で重要なポイントも紹介

  3. 自社の商品が動画で売れるって本当?実際に売り上げが伸びたライブコマースの事例10選

  1. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP