動画コラム

経営課題を解決してくれる動画ツールは多数ある!目的に沿った動画ツールを有効活用しよう!

企業を経営するうえで、さまざまな課題に直面することは珍しくありません。その中で課題を解決するか、いろいろと試行錯誤しているのではないでしょうか。

そんな方には、「動画」の使用がおすすめです。

動画による経営課題の解決は難しくなく、今や多数の企業が導入しています。そして、それらを支援する動画ツールが増えてきているのも事実です。

この記事では「経営課題の解決に動画は活用できるのか?」という点と併せて、動画の窓口おすすめの動画ツールを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

経営課題の解決に動画は活用可能?

動画制作をするパソコン

結論として、経営課題の解決に動画の活用は十分に可能です。

ほんの数年前までは、動画というツールに一般の人が触れることは多くありませんでした。

しかし、YouTubeやTikTokといった、誰でも気軽に視聴ができるプラットフォームが増えてきているいま、動画というツールは制作者はもちろん、視聴者にとっても身近なものになってきているのです。

とはいえ、動画の制作には「時間がかかる」「コストが高い」「スキルが必要」と考える企業も少なくありません。

そこで活躍するのが、本記事で紹介する「動画ツール」です。

経営課題を解決してくれる動画ツール

動画再生をするスマートフォン

経営課題解決につながる動画ツールは、大きく9つに分類されます。

  • インタラクティブ動画
  • 自動動画生成ツール(インハウス動画制作ツール)
  • セールス/マーケティング
  • デジタルサイネージ(ソフトウェア)
  • デジタルサイネージ(ハードウェア)
  • 動画クラウド/配信ツール
  • 面談/面接向けツール
  • 採用向けツール
  • 研修向けツール

それぞれの特徴を確認していきましょう。

インタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、動画の中に視聴者が触れる仕組みを取り入れた動画のことです。

従来の動画は、視聴者がただ見て終わりの動画が一般的でした。

そこに「触れる」という仕組みを仕掛けることで、動画の視聴時間や接触回数といった視聴者のエンゲージメントの向上が期待できます。

オンライン上でも視聴者が体験できる仕組みを取り入れたい場合には、ぜひインタラクティブ動画の活用を検討してみてください。

関連記事:触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

自動動画生成ツール(インハウス動画制作ツール)

自動動画生成ツール(インハウス動画制作ツール) とは、 社内で制作する内製動画を自動で制作してくれるツールのことを指します。

動画制作に自信がない方でも安心して制作を進められるため、初めてのかたにもうってつけの方法といえるでしょう。

発注コストやコミュニケーションコストも抑えられるため、うまく活用してみてください。

関連記事:インハウス動画とは?自動で簡単に動画制作ができるおすすめのサービスも紹介!

セールス/マーケティング

動画の普及が進んできた今、セールスやマーケティングの場面でも動画は有効活用できます。

その中で大切なのは、ユーザーの動向を計測できるツールを有効活用すること。

セールスやマーケティングの場面で動画を活用するのであれば、あわせて動画分析ツールを利用しましょう。

どのような層が視聴しているのか、今のトレンドは何なのかを確認することで、より効果的なセールスマーケティングが可能になります。

デジタルサイネージ(ソフトウェア)

デジタルサイネージは、そのハードウェアを使用するかが重要視されていますが、それと同じくソフトウェアの選び方も重要です。

デジタルサイネージを利用する際は、コンテンツの作成はもちろん、管理や配信、機能拡張のためのソフトウェアをうまく組み合わせて使用するのがおすすめ。

配信システムの選択を間違えると、期待する恩恵を受けられないため注意しましょう。

リモート操作の可否や、インターフェースの種類などはツールによってさまざまですので、利用前にしっかりチェックしてください。

デジタルサイネージ(ハードウェア)

デジタルサイネージを利用するのであれば、どのデジタルサイネージを利用するのかが非常に重要です。

デジタルサイネージのサイズはもちろん、自立型なのか埋め込み型なのか、さまざまな形式ディスプレイの中から設置場所や目的に合ったものを選択しましょう。

デジタルサイネージは日々進化を続けていますので、新しい情報を取り入れていくのも大切です。

実際にデジタルサイネージを見られるショールームもありますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

関連記事:最新のデジタルサイネージがすごい!実際の活用例をご紹介!

動画クラウド/配信ツール

動画クラウド/配信ツールは「自社版YouTube」とも呼ばれることがある、動画専用のクラウドシステムです。

使用例としては、自社で行う研修動画や会員限定の動画をアップロードするなどが多く、配信の範囲を制限したいときには非常に便利なツールとなっています。

コメントを残したり、フェイルを設置するといった機能も実装されているため、さまざまな活用方法ができるのも魅力的。

クラウドシステムごとに独自の機能も設けているため、必要な機能を実装しているクラウドシステムを利用しましょう。

面談/面接向けツール

対面での面接が当たり前だった時代はもう終わりました。現在ではオンラインはもちろん、動画を使用した採用面談や面接の場面が増えてきています。

オンラインで実施をする場合には、面接をする相手の情報を理解することに加えて、自社の理念にフィットするかを確認することが大切です。

そのような時に活用できるのが、AIを用いた面談/面接ツール。

自社においてWebでの面接を主流としていこうと考えているのであれば、このようなツールの導入も検討してみてください。

採用向けツール

動画を使用した採用活動は、徐々に浸透してきています。

動画を使用した採用活動では、お互いを紹介しあうこと場面での活用が期待され、相手の雰囲気や人柄を知ることができるでしょう。

履歴書をはじめとした、書類だけではわかりにくい部分を、動画の活用によって知ることができるというのは、動画ならではの強みといえそうですね。

特にサービス業では人柄が重視されることが多く、要点をおさえて採用活動を進めることが可能になります。

研修向けツール

研修に動画を活用する企業は徐々に増えてきていますが、研修に特化したツールを使用しているという企業はまだまだ多くありません。

研修向けのツールを使用することで、撮影やテロップによるコメントはもちろん、重要な箇所の説明がスマホ1台で完結できます。

制作コストや教育コストを抑えたい場合には、研修向けツールの導入を検討してみるのも一つの方法です。

経営課題に合った動画ツールを有効活用しよう!

今回は経営課題を解決するための動画ツールを、9つに分けて紹介してきました。

動画ツールの使用ははじめこそ億劫かもしれませんが、実際に使用してみると便利で効果的なものばかりです。

まずは自社の経営課題が何なのかを理解し、そこからどのツールを利用すべきかを考えてみましょう。

また、「動画の窓口」ではツールの相談と併せて、おすすめの動画ツールを下記のページで紹介しています。お困りの際には、ぜひ「動画の窓口」へ一度ご相談ください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP