動画コラム

企業のホームページに動画を掲載する理由は?メリット・デメリットも解説

動画市場の拡大に合わせて、企業のホームページに動画を掲載しようと考えている企業も多いのではないでしょうか。企業のホームページに動画を掲載するには、いくつかのポイントを抑えておくことが大切です。

この記事では企業のホームページに動画を掲載する理由と、メリット・デメリットについて詳しく解説しています。また、動画掲載を成功させるためのポイントを紹介しているので、企業のホームページに動画掲載することを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

企業ホームページに動画を掲載する必要性はあるのか?

クエスチョンマーク

業界業種問わず、多くの企業がホームページに動画を掲載しています。スマホ・タブレットの普及により、動画市場は年々拡大しています。

動画広告の拡大に伴い、視聴者は動画コンテンツから情報を得ており、商品の認知度アップや売上アップのために動画コンテンツの制作は必要不可欠です。

多くの視聴者に宣伝するためには、ホームページに動画を導入し、視聴者にアピールすることが効果的だと言えるでしょう。

従来のホームページは、文字と画像だけのコンテンツでした。しかし、動画を見慣れている時代にとって、文字と画像だけでは情報を伝えるには限界があります。

動画は、文字・画像・音声による情報を正確に伝えられるため、多くの情報を視聴者に伝えることが可能です。

企業ホームページに動画を掲載するメリット

メリットの文字

従来は、文字・画像コンテンツが主流でした。近年は動画を用いたホームページが主流となっています。

動画を掲載することで得られるメリットは、以下で紹介する通りです。

短時間で多くの情報を伝えやすい

動画は、画像やテキストといったコンテンツと比べて、視聴者に情報を伝えやすいのが特徴です。

1分間の動画は、文字情報に換算すると180万文字分の情報量があるというデータがあり、短時間で膨大な情報を伝える手段として効果があります。(参照:NTTコムオンライン

180万文字の情報を1分という短時間で視聴者に与えられることがメリットのひとつです。

商品・サービスの理解度を深められる

商品・サービスの紹介など、文字や画像では伝えにくい情報も、動画であればわかりやすく伝えられます。視聴者にとって、商品やサービスに対する疑問を解消しやすいため、購入・SNSの拡散などの行動を後押しできます

例えば、商品のマニュアルも文字で見ると数ページを読み込む必要がありますが、動画は手順を容易に伝えることができるでしょう。

商品・サービスの理解度を深められる点も、ホームページに動画を記載するメリットです。

SEOの評価が上がる

企業のホームページに動画を掲載すると、Google検索エンジンの評価が上がると言われています。ただし、動画の内容を詳しく把握できる機能はないため、動画のタイトルや説明文を適切なものにすることが大切です。

Google検索エンジンは、ユーザーファーストと言われているため、視聴者のためのタイトル付けや説明文の追加情報を正しく評価してくれます。

Google検索エンジンの評価が上がると、競合企業との差別化ができるでしょう。

SNSによる拡散に期待できる

ホームページで紹介した動画が視聴者に共感してもらえる内容であった際、SNSによる拡散に期待できます

企業側は、ホームページに動画を載せているだけで、共感を得た視聴者がTwitter・TikTokなどのSNSで拡散してくれます。SNSの拡散力は強いため、より多くの方に商品・サービスの周知ができるため、企業がホームページに動画を掲載するメリットと言えるでしょう。

企業ホームページに動画を掲載するデメリット

禁止行為を示すイラスト

企業ホームページで動画を掲載するメリットは多数ありますが、少なからずデメリットも存在します。メリットとデメリットを考慮したうえで、企業のホームページに動画を掲載するかを決めてください。

 一定レベルの動画クオリティが求められる

動画の普及に合わせて、視聴者は一定レベルの動画視聴になれています。そのため、音声が割れている動画やわかりづらい内容の動画では、企業のイメージダウンにつながる可能性が高いです。

動画のクオリティが求められるため、自社で動画制作を行う自信がなければ、動画制作会社に依頼することが大切です。

視聴者の疲労度を高める

動画は、1分間で180万文字以上の情報を視聴者に与えます。再生時間が長い動画を掲載すると、視聴者の疲労度を高めてしまい、ホームページから離脱する可能性があります。

文字や画像と違い、動画は情報量が多く、デメリットにもなることを覚えておいてください。

 <h3>動画制作の時間とコストがかかる</h3>

動画制作時間は、依頼する制作会社により異なりますが、おおよそ2〜3ヶ月程度は必要と言われています。長いもので、半年から1年をかけて撮影する場合もあるほどです。

そのため、動画をホームページに掲載しようと考えた際は、2〜3ヶ月前には制作スケジュールを立てておくことが大切です。

また、動画制作にはまとまった費用が必要であり、コストがかかることも覚えておいてください。

低品質な動画はかえって視聴者の評価を下げてしまうため、時間と費用に余裕をもつことが大切です

動画掲載を成功させるポイント

スーツ男性が指で指し示す

動画を掲載するにあたり、成功させるポイントが2つあります。

  • 冒頭で内容がわかる動画作りを意識する
  • ユーザー目線で動画制作を行う

動画掲載を成功させるポイントを見ていきましょう。

冒頭で内容がわかる動画作りを意識する

視聴者は動画の視聴に慣れているため、冒頭で視聴者を引きつける工夫が大切です。冒頭で何を伝えているのかがわかる動画だと、最後まで見てもらえることが多い傾向です。

視聴者が最後まで見てみたいと思う動画制作をするためには、冒頭5秒間にインパクトをだしましょう。

ユーザー目線で動画制作を行う

動画を見るのは、あくまで視聴者です。企業が伝えたい情報のみを盛り込むと、視聴者には伝わりづらい動画になる恐れがあります。

企業が伝えたい情報だけをまとめるのではなく、視聴者の目線になって制作することが大切です。

企業ホームページの動画制作は視聴者目線で作ろう

動画市場は年々拡大しており、各企業もホームページ上に動画を掲載し、視聴者のニーズを満たす工夫を行っています。文字や画像と違い、動画はたくさんの情報量を短時間で伝えられるというメリットがあります。

動画を制作する際は、視聴者が求めている情報を盛り込み、品質が保たれた動画制作を心掛けてください。自社に動画制作のノウハウがない場合は、動画制作会社に依頼することをおすすめします。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 企業のホームページに動画を掲載する理由は?メリット・デメリットも解説

  2. 動画制作をスムーズに外注するための5つのポイントをご紹介!

  3. 動画制作を内製化するメリットとデメリットをご紹介

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP