動画コラム

動画制作をスムーズに外注するための5つのポイントをご紹介!

動画制作は、個人に依頼する場合と外注する場合の2通りあります。これから動画を外注して制作する場合に、以下を把握しておきたい企業もいるのではないでしょうか。

  • 外注時に気にすべきポイント
  • 動画制作を外注する費用相場
  • 個人に依頼する場合と外注する際の特徴

この記事では、動画を外注する際に押さえるべき5つのポイントと費用相場について解説しています。また、動画を個人に依頼する場合と制作会社に依頼する場合の特徴も紹介しています。

動画を活用して目的を実現するための参考となる内容ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

動画制作の外注時に押さえておくべきポイント

パソコンと女性

動画制作を外注先に依頼する際は、5つのポイントを押さえておく必要があります。

外注する場合はある程度の費用が必要なため、予想外な費用をかけないように以下で紹介するポイントを確認していきましょう

制作する動画の目的やペルソナを明確にする

動画を制作会社に依頼する場合、動画を利用して「何を実現したいのか」という目的を明確にすることが大切です

例えば、「自社のPR動画を制作する」「商品紹介動画を作りたい」など、目的に合わせた動画撮影・編集を行います。そのため、外注先には自社で制作したい動画の目的を明確にしなければ、動画の効果は薄れてしまいます

また、ターゲットにする年齢層や性別など、ペルソナを的確に外注先に伝えておくことで、コンセプトがはっきりした動画ができるケースが多いです。

目的やペルソナが明確でない動画は、期待する効果が得られないため注意してください。

動画制作の予算を決定しておく

動画の種類により1本あたりの費用は変動するため、あらかじめ制作する動画に使える予算の設定が大切です。

動画制作を外注する際は、撮影者・編集者・キャスト・ディレクターなどの手配も外注会社が行ってくれます。予算を伝えておくと、予算内でできる動画のイメージを外注先が共有してくれるでしょう。

動画制作の予算を外注先に伝えておかないと、予想外の費用を支払うケースもあります。

また、動画制作会社により、同じ内容の動画でも費用は異なるので、数社から見積もりをとるといいでしょう。見積もりと納品時の予算が合わないといったトラブルを避けるためにも、あらかじめ外注先に予算を伝えておくことをおすすめします

外注先の実績を確認しておく

動画制作を外注する際は、外注先の実績を確認しておくと得意なジャンルの動画を把握できます。

制作会社により動画の得意分野がわかれるため、作りたい動画の目的やイメージが、得意分野と合致しているかを確認することが大切です。

また、依頼する動画制作会社の取引先を確認することも有効な手段の一つです。大手企業と取引がある会社だと、信用の担保にもつながります。

依頼する際は、外注先の得意分野の確認と取引経験を見て選択するといいでしょう。

打ち合わせ・途中経過を入念に行う

完成した動画を修正する場合は、完成前と比べて時間と費用がかかります。そのため、打ち合わせが終わったあとも、「目的通りの動画になっているか」「進捗状況の報告があるか」など、頻繁に連絡をしてくれるかを確認してください。

こまめに連絡を取ることにより、動画の編集作業や路線変更などもスムーズに進みます。依頼する際は、「撮影・編集・BGM挿入の各工程ごとの動画をチェックする回数」「各工程に入る前に連絡をしてくれるタイミング」を聞いておくといいでしょう。

動画マーケティングに精通しているか

動画は制作してから目的を叶えるまでがひとつのプロセスです。プロの外注先であれば、予算内でイメージに近い動画を制作できます。

しかし動画を見るのは視聴者のため、イメージ通りの動画を制作できたとしても、視聴者の求めている動画ができずに失敗するケースも多いです。

そのため、マーケティングに精通している外注先を選ぶことで、依頼会社の目的から逆算した戦略や目標などをアドバイスしてくれます。

PR動画や集客を目的とした動画の場合は、配信後の設計が大切です。配信後のケアまで考えてくれる外注先を見つけると、視聴者と依頼会社の双方を満足させることができるでしょう。

動画制作を外注したときの費用相場は?

金銭のイメージ

動画制作の予算相場は、動画の種類や内容により異なります。以下で紹介する料金形態を参考にして、費用相場を確認しておきましょう。

動画の種類・内容費用
実写映像1本/20〜50万円
フルアニメーション1分の動画/20〜40万円
会社紹介動画(採用動画を含む)1本/50〜100万円
イベントオープニング動画1本/15〜25万円
ブランディング動画1本/50〜200万円
広告・CM1本/10〜500万円

ブランディング動画や広告・CMの動画制作にバラつきがある理由は、キャスト出演料の差です。キャストを多数使う動画は、人数分の費用が必要なためバラつきがあります。

動画制作は個人と制作会社どちらに依頼すべき?

クエスチョンマーク

動画制作を外注する場合、個人に依頼するケースと制作会社に依頼するケースの2通りがあります。それぞれに特徴があるため、以下の表を参考にして依頼を検討してください。

個人に依頼する場合制作会社に依頼する場合
制作費用制作会社より安い制作するジャンルにより異なる
納品スピード個人により大きく異なる納期には必ず間に合う
品質クオリティの差が激しいクオリティが高い
提案数少ない豊富に提案してくれる
コミュニケーション比較的いつでも対応してくれる営業時間のみ対応

個人に依頼する際は、コストを抑えられますが、クオリティの点で不安が残ります。制作会社は、動画ジャンルにより費用は異なりますが、スピーディな納品が特徴です。

制作したい動画の目的やジャンルで依頼先を変更すると、費用を抑えながら動画制作ができるでしょう。

動画制作は実績豊富な動画の窓口にお任せください!

動画制作を外注する際の5つのポイントについて詳しく解説しました。以下でまとめた内容をもう一度確認し、依頼する際の参考にしてください。

  1. 動画の目的・ペルソナを明確にする
  2. 制作する動画の予算を決める
  3. 外注先の実績を確認する
  4. 途中経過を頻繁に行う
  5. 動画マーケティングに精通しているか確認する

また、外注先に動画制作を依頼する場合の費用相場は、動画の種類により異なります。動画制作に関わる費用や疑問を相談したい企業は、ぜひ動画の窓口をご利用ください

動画制作の相談から、制作後の運用サポートまで幅広く対応しています。外注時の不安点を解消し、企業の目的を叶える動画制作のサポートを手助けします

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 企業のホームページに動画を掲載する理由は?メリット・デメリットも解説

  2. 動画制作をスムーズに外注するための5つのポイントをご紹介!

  3. 動画制作を内製化するメリットとデメリットをご紹介

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP