動画コラム

【最新】動画配信プラットフォームをプロが解説!【広告担当者向け】

本記事では、企業の広告担当者や経営者向けに「動画配信プラットフォームにおける動画広告の重要性」について、網羅的に解説します。

デジタルデバイスが普及した現代で、動画広告は必須ともいえる広告手法です。動画制作のプロから見ても、その重要度は年々増していると感じます。

どんなプラットフォームを選ぶべきか、どんな動画を制作するべきかは、広告担当なら知っておくべき内容です。最後まで読んで、動画広告がどれだけ有益か学びましょう。

動画配信プラットフォームとは?

動画配信プラットフォームとは?

動画配信プラットフォームとは、Web上に動画を配信・管理できるサービスのことです。

自社メディアを持たない企業・個人であっても、動画配信プラットフォームを通して、動画広告をインターネット上に掲載できます。

そのため動画配信プラットフォームの利用と需要が増えつつあり、現在までに多数のサービスが立ち上げられました。

■例:近年人気の動画配信プラットフォーム

  • YouTube
  • TVer
  • Amazon

こういった動画プラットフォームでは、テレビCMのような動画広告を、誰でも掲載できます。

企業の広告担当者や経営者が、時代の潮流に乗ってビジネスを成功させるためには、動画プラットフォームの活用は必須といえるでしょう。

動画のプロが『動画広告』をオススメする理由とは

動画広告をオススメする理由、それは「もっとも時代に即した広告モデルであるから」です。

かつて、広告といえばテレビCMが主流でした。しかし2019年のデジタル広告がテレビを抜いたことを皮切りに、デジタルデバイスにおける動画広告の配信形態も激増しています。

また、デジタルデバイス向けの動画広告は、効果測定が容易というメリットもあります。広告担当者は、ユーザーがどのようなレスポンスを返すか、定量的に分析可能です。

動画特有の高い訴求力を活かしつつ、デジタルデバイスによる視聴率拡大を狙う。こういった広告モデルが、インターネットが欠かせない現代に即した、最適な答えです。

動画配信プラットフォームの種類と選び方

動画配信プラットフォームの種類と選び方

広告の観点から見ると、動画配信プラットフォームの種類は、下記の項目でわかれます。

  • 課金形態の違い
  • 広告の種類の違い
  • ターゲットの違い

広告媒体として選ぶときは、上記の項目に着目します。

具体的な選び方を交えて、詳しく解説していきましょう。

課金形態で選ぶ

動画配信プラットフォームごとに、広告の課金形態に種類があります。

  • CPV:再生回数による課金
  • CPCV:完全視聴の再生回数による課金
  • CPM:表示回数による課金
  • CPC:クリック数による課金

課金形態を選ぶときは、視聴者をどのように行動させたいか、商品・サービスがどのくらい認知されているかを基準にします。

たとえば、ユーザーからの申込みやサイト訪問を期待するならCPC課金がおすすめです。すでに認知度が高い商品を宣伝するなら、CPV課金はコストパフォーマンスが低下します。

どういった広告戦略をとるかで、選ぶべき動画配信プラットフォームも変わると覚えておきましょう。

広告の種類で選ぶ

動画配信プラットフォームごとに、流せる動画広告の種類が異なります。

主な動画広告の種類は、下記のとおりです。

  • バンパー広告:動画コンテンツに挿入されて短時間だけ再生
  • インストリーム動画広告:動画コンテンツに挿入されて再生
  • インバナー動画広告:Webサイトのバナーとして表示されて再生
  • インリード動画広告:Webページに組み込まれて、スクロールされると再生

動画配信プラットフォームでは、主に「バンパー広告」と「インストリーム広告」がメインとなります。

そのため動画広告を制作するときは、どちらの種類を選ぶかで再生時間がかわります。反対に、すでに動画広告が完成している場合は、再生時間によって選択することになります。

ターゲットで選ぶ

動画配信プラットフォームでは、掲載されている動画コンテンツのジャンルが違います。

したがって、利用者層も異なるので、狙いたいターゲットが利用しているプラットフォームを選ばなければいけません。

もちろん、YouTubeのような全年齢層が幅広く分布し、ターゲットを絞って動画広告を流せるプラットフォームであれば、気にしなくて構いません。

しかし、基本的にインターネットサービスの利用者層は、どちらかといえば若者が大半です。ときには、高齢者向けの商品を売り込みたいなら、テレビCMの方が適しています。

どんなに優れた動画広告でも、ターゲットがずれていては視聴者にささりません。プラットフォームを選ぶときは、利用者層の違いに要注意です。

おすすめの動画広告配信プラットフォーム3選

おすすめの動画広告配信プラットフォーム3選

おすすめの動画広告配信プラットフォームは、下記の3点です。

  1. YouTube
  2. TVer
  3. Amazon

それぞれ詳しく解説していきます。

①YouTube

YouTubeは、もっとも有名な無料の動画配信プラットフォームです。Googleアカウントさえあれば、企業・個人を問わず、だれでも動画を投稿できます。

YouTubeの強みは「圧倒的な利用者数」です。性別も世代も地域も問わず、誰しもが利用している最大手のプラットフォームです。

そのため特段こだわりなければ、初めての動画広告配信はYouTubeが無難ともいえます。少なくとも「ターゲットに視聴されない」といった事態は、防げるでしょう。

しかし、利用者数の多さは、競合の多さとも捉えられます。また、本来の意図を視聴者に読み違えられて、炎上するリスクもないとはいえません。

②TVer

TVerとは、有名な民放キー局5局が共同で運営する、テレビ番組の配信プラットフォームです。動画広告市場において、もっとも注目される動画配信プラットフォームといっていいでしょう。

TVerの最大の強みは「動画が必ず視聴されること」です。スキップ不可のため、ブラウザバックや再生停止しない限り、必ず最後まで広告を視聴してもらえます。

そのためストーリー形式の長めの動画広告も掲載できます。視聴者にスキップされる恐れがない分、訴求効果を最大限追求した動画広告を制作できるでしょう。

ただし、現在のところユーザー数は、最大手のYouTubeには歯が立ちません。徐々に増加傾向ですが、当分の間は、利用者数の面でYouTubeに軍配が上がります。

③Amazon

Amazonでは、Amazonが運営するストリーミングサービスに動画広告を掲載できます。

そのためAmazonや関連サービスを利用する、日本中のユーザーが対象です。

具体的には、Amazonの動画コンテンツ配信サービス『Amazon Prime』や、ゲーム配信サービス『Twitch』が掲載場所になります。

Amazonの動画広告は、いまだ日本では主流ではないため、競合が少ない可能性が高いでしょう。また、動画広告は、動画配信プラットフォーム上だけでなく、AmazonのECサイト内でも掲載可能です。

YouTubeやTVerだけでなく、さらに認知率の拡大や新しい層を取り入れたいなら、Amazon広告も視野に入れましょう。

動画配信プラットフォーム以外の動画広告配信媒体

動画配信プラットフォーム以外の動画広告配信媒体

ここまで、動画配信プラットフォーム上の動画広告について、解説しました。

しかし動画広告媒体の種類は、下記のとおりまだまだ存在します。

  • テレビCM
  • デジタルサイネージ
  • SNS

それぞれの動画広告媒体について、詳しく解説しましょう。

テレビCM

テレビCMは、もっとも原始的な動画広告の代表です。

かつては動画広告の主流でしたが、近年は完全にデジタル広告へ移行したともいえます。

そんなテレビCMのメリットは「スキップされないこと」です。テレビCMは、番組を合間合間に挿入される形なので、視聴者は嫌でも釘付けにされます。

対してデメリットは「広告費用が高いこと」と「ターゲティングができないこと」です。デジタル広告と違い、費用対効果が落ちてしまうのは否めません。

しかしテレビCMの影響力はいまだ健在です。テレビを見ている中〜高齢者層をターゲットにするなら、高い広告効果が見込めるでしょう。

デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは、街中や駅内、電車広、タクシー、スタジアム、店舗といった日常生活の中に溶け込む広告媒体です。

ふとした瞬間に目に入るので、いかにもな広告感を演出しません。知らず識らずのうちに、視聴者の脳内にイメージを刷り込むことができます。

ただし、デジタルサイネージは、動画を一定時間見続けるハードルが高いといえます。動画を視聴中にはさまれる広告ではないので、視聴者は足を止めなければいけません。

デジタルサイネージによる動画広告を掲載するなら、掲載元と一丸となって視聴者を引きつける空間づくりが求められます。

SNS

SNSは、大きな広告効果を見込める動画広告媒体です。

ユーザーの目に止まりやすく、たくさんの視聴回数や動画表示価数を期待できます。

SNSで動画広告を掲載するメリットは、優れたコストパフォーマンスです。拡散機能により世間で話題になれば、わずかな広告費で高い効果が期待できます。

その反面、SNSは炎上しやすく、企業に矛先が向けられることもあります。

視聴者が、こちらの意図を読み違えた場合、思わぬところで炎上する可能性があるので、動画の内容には最大限配慮しなければいけません。

SNSに動画広告を掲載したいなら『バズ』を狙いつつ、動画内容は十分注意しましょう。

広告担当者は最適な広告配信媒体で動画を発信しよう

最後に、本記事の大切なポイントをおさらいしましょう。

  • 動画配信プラットフォームは、動画広告に最適な配信媒体
  • 動画広告の観点から、動画配信プラットフォームを選ぶときは「課金形態」「広告の種類」「ターゲット」を基準にすること
  • 動画広告媒体は他にもあるので、メリット・デメリットを踏まえて検討すること

今回は動画配信プラットフォームにおける動画広告を紹介しました。しかし、動画広告は他の動画広告媒体にも活かせるので、企業の資産にも武器にもなります。

弊社では「各配信媒体に最適な動画作り」のお手伝いをしています。動画広告を出稿したくて、動画制作サービスを探しているのなら、気軽にご相談ください。

監修:[動画の窓口 動画コンシェルジュ 池上和]

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

TOP