動画コラム

インタラクティブ動画のおすすめツール3選を徹底比較!制作で重要なポイントも紹介

近年「触れる動画」として注目を集めているインタラクティブ動画ですが、どのツールが人気なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、おすすめのインタラクティブ動画ツール3選や、制作する際に重要なポイントを解説しています。最新のインタラクティブ動画を導入すれば、以下の画像のようなお悩みを解決することができます

「会社のPRに力を入れたい」「商品を効果的に促進したい」という方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の監修者

池上 和

「動画の窓口®️」動画コンシェルジュ

池上 和

不動産営業マンから動画クリエイターに転身。現在は動画コンシェルジュ。 『動画の窓口®︎』プロデューサー。企業動画を年間約200本プロデュース&制作している。メディアパーティ株式会社社長。合同会社イエロー代表。動画フリーランスコミュニティ「若羽-wakabane-」創業者。

そもそもインタラクティブ動画とは?

インタラクティブ動画は「触れる動画」と言われています。

従来の動画はただ視聴するだけでした。一方で、インタラクティブ動画には画面内にクリック・タップできるボタンが設置されています。

ボタンをクリック・タップすることで、ユーザーが視聴中に気になった情報や商品の詳細ページを表示できる仕組みです。

視聴者に強い印象を与え、成約率の向上が期待できる、先進的な動画と言えるでしょう。

インタラクティブ動画について、もっと詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

おすすめのインタラクティブ動画ツール3選

ここからは、広告効果を高めたい方に向けて、おすすめのインタラクティブ動画ツールを3選紹介します。

【おすすめのインタラクティブ動画ツール|3選】

  • MIL(ミル)
  • TIG(ティグ)
  • riclink(リクリンク)

それでは、各ツールの特徴を詳しくみていきましょう。

MIL

はインタラクティブ動画を作る日本初のパイオニアとして誕生しました。

従来の動画と違い、触れるという新しい視聴体験を実現するインタラクティブ動画は、動画上で興味から購買行動までを完結できます。

ユーザーの視聴動向を細かく分析することができ、素早く動画のPDCAサイクルを回して成果につなげることができるため、マーケティングツールとしての活用も可能です。

事実、MILを導入している企業は800社を超えており、約3,800本以上もの動画を公開した実績があります。MILの導入事例はこちら

企画から納品までを一貫して対応してくれるため、インタラクティブ動画を初めて導入する方も安心して利用できるでしょう。

以下の表は、MILの会社概要についてです。

会社名MIL株式会社
所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿1-9-1 第2タケビル8F
代表者代表取締役CEO 光岡 敦
設立日2018年3月6日
資本金167,000,000円(資本準備金含む)
事業内容インタラクティブ動画編集プラットフォームの企画開発・運営MILAdsアフィリエイトインタラクティブ動画ブログの執筆・運営

MILはインタラクティブ動画について1番の知見を持っています。詳しい申し込み方法や費用については、こちらからお問い合わせください

TIG

独自開発技術によって制作されるTIGのインタラクティブ動画は、顧客・ユーザーの要望を叶えます。

動画の視聴中に気になった情報や内容をクリック・タップするだけで、保管することが可能です。そのため、動画視聴後にわざわざ検索するストレスを与えません。

気づけば、いつもTIGがある生活

サービス開始から3年半で2200本を超える導入実績があり、商品販売に特化しています。

以下の表は、TIGの会社概要についてまとめたものです。

会社名パロニム株式会社
所在地〒108-0075​​東京都港区港南2-16-1 品川East One Tower 7F
代表者小林 道生
設立日2016年11月28日
資本金463,846,409円(資本準備金含む)
事業内容
・動画市場における新しい技術の開発及び提供・動画配信事業・映像等の企画及び制作事業

TIGの詳しい申し込み方法や費用については、こちらからお問い合わせください

riclinkのインタラクティブ動画は、BtoBなどのマーケティングツールとして大いに活躍すること間違いなしです。

シンプルな作りで「資料を一つにまとめたい」や「Webページをもっと簡単に作りたい」といった、ビジネスシーンにおける悩みを容易く解決します。

PDF・Word・Excelの資料を動画化、またSlackやChatWorkとの通知連携など、優れた機能が豊富です。

動画作成支援サービスによってサポートを受けられるため、動画作りが苦手な方に親切なツールと言えるでしょう。

以下の表はriclinkの会社概要をまとめたものになります。

会社名株式会社シーズ・リンク
所在地〒141-0021 東京都品川区上大崎4-4-8 ダイナミックア-ト館ビル 1F
代表者澤田 裕樹
設立日2015年11月
事業内容次世代型クラウドCMX【riclink】の開発・販売・運用DX推進コンサルティング・運用定着支援デジタル施策に関わるコンテンツ制作・編集

riclinkの詳しい申し込み方法や費用については、こちらからお問い合わせください

インタラクティブ動画を作るのに重要なこと

エンゲージメント率やコンバージョン率の大幅なアップが望めるインタラクティブ動画ですが、ただ作れば効果を発揮するというわけではありません。

上手く利用するためにも、インタラクティブ動画を作る際に重要なポイントを3つ抑えておきましょう。

【インタラクティブ動画の制作|重要ポイント】

  • 動画の着地点を決める
  • 複数のシナリオを考える
  • ターゲットを明確化する

訴求したいターゲット層を明確化し、実際に映像を視聴したユーザーが行動を起こしてくれるような動画を作るのがコツです。

また、インタラクティブ動画特有のストーリー分岐を活用するため、工夫を施したシナリオを考えてみてください。複数のシナリオを練ることで、ユーザーが最後まで動画を視聴してくれます。

インタラクティブ動画を導入してみよう!

本記事では、おすすめのインタラクティブ動画ツールを3選紹介しました。

【おすすめのインタラクティブ動画ツール|3選】

  • MIL(ミル)
  • TIG(ティグ)
  • riclink(リクリンク)

今日、動画は視聴するだけでなく「触れるコンテンツ」に進化しています。インタラクティブ動画は、ユーザーの興味・関心をさらに惹きつける画期的なツールと言えるでしょう。

新たなマーケティングツールとして、インタラクティブ動画の導入を検討してみてはいかがでしょうか。インタラクティブ動画の運用や詳しい内容を聞きたい方は、一度動画の窓口にご相談ください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. GIFを使った新しい動画投稿がPR Timesのプレスリリースで実施!これは流行る!

  2. 【動画の窓口5周年】サステナブルデータで記念動画を制作しました!

  3. Youtube動画『動画プロデューサーの1日-動画の窓口 池上和-』を公開!

  1. 子ども向け表現活動『中野あおぞらアート教室』を実施しました

  2. 【YouTube Shorts攻略!】企業担当者向けの実践的な活用方と作り方!まるっと解説します!

  3. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

ランキング

  1. 1

    カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  2. 2

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  3. 3

    テンポのよい動画で視聴維持率をあげよう!ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します

TOP