未分類

ブランディング動画の効果やメリットは?視聴者を引き込む動画制作を!

動画コンテンツ制作費の低予算化に伴い、自社のブランディング動画制作を検討している企業が増えてきました。ブランディング動画は、視聴者に企業の商品やサービスを知ってもらうのに最適です。

「ブランディング動画の効果やメリットを知りたい」
「ブランディング動画を制作するポイントや注意点は?」

上記の悩みをお持ちの企業も少なくないでしょう。

この記事では、ブランディング動画の効果やメリット、ポイントや注意点を解説しています。ブランディング動画の戦略に悩んでいる企業の参考となる内容を網羅していますので、最後までご覧ください。

ブランディング動画の効果とは?

ブランディングのイメージ画像

ブランディング動画とは、企業が提供している商品やサービスを伝える映像のことです。ブランディング動画を活用すると、「商品やサービスを知ってもらえる」「認知度が上がる」などの効果が期待できます。

各企業により、ブランディング動画は以下の場所に掲載されています。

  • テレビ
  • YouTubeや動画サイトの広告
  • SNSの動画広告
  • 企業のHP

知名度が高いブランディング動画を紹介すると、「Apple:think different」「ANA:きたえた翼は、強い。」「コカコーラ社のクリスマス戦略」などが有名です。

近年は動画製作費の低予算化があり、中小企業でも制作しやすい環境が整っています。下記に制作する際の参考となる記事を紹介するのでご覧ください。

関連記事:企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

ブランディング動画のメリット

メリットの文字が書かれたキューブ

ブランディング動画の1番のメリットは、企業の使命・理想・価値観といった抽象的な概念を動画として視聴者に伝えられることです。

ブランディング動画は、競合他社との比較にも最適です。「企業の存在意義」「事業の目的」は一社ごとに異なるため、オリジナルのブランディング動画ができます。

また、企業の採用においてもブランディング動画は有効です。企業の「あり方」「考え方」に共感する人材の獲得ができ、他社と差別化を図れます。

ブランディング動画制作のポイント

ポイントを示す画像

視聴者の心を動かすブランディング動画の際は、3つのポイントを抑えることが重要です。3つのポイントを確認し、ブランディング動画制作に役立ててください。

ブランディング動画は時間をかけてじっくり作る

ブランディング動画はメッセージ性が強く、後から変更するものでないため、時間をかけてじっくり作ることが大切です。

制作にかかる期間の平均は、3ヶ月〜半年以上かけるケースがほとんどです。時間をかけて制作するため、「どうなりたいか」「どういう会社なのか」など、しっかりとプランを考えて構成を練ることが必要となってきます。

ブランディング動画の制作は、動画の目的やペルソナを明確にしてから構成を練るといいでしょう。

制作時は社員からアイデアをもらう

ブランディング動画の制作は、会社全体で協力することをおすすめします。経営者だけで制作するよりも、動画制作のアイデアを社員と話し合うことが大切です。

理由は、経営者が気づいていない「会社の魅力」「課題」を聞けるからです。また、どのような動画だと見てもらえるかを会社全体で考えることで、よりよいブランディング動画ができるでしょう。

会社のカラーを出す

競合他社と比較するためにも、会社のカラーを出したブランディング動画作りが大切です。イメージとしては、動画を見るだけで会社がわかるような特色のある動画を目指してください。

ブランディング動画を作り込むことで、後々の営業活動・採用活動などの経営シーンでプラスに働きます。

妥協せずに自社のカラーを全面に出したブランディン動画を制作していきましょう。

ブランディング動画を制作する際の注意点

制止するイメージ画像

ブランディング動画は、メッセージ性の強い動画なため表現に細心の注意を払う必要があります。特に視聴者は、LGBT・人種・政治的発言に敏感ですので、伝えたいメッセージを選ぶことが大切です。

アンチブランディングになってしまうと、炎上する可能性もあります。実際に企業が制作した「味の素の日本のお母さんというCM」「宮城県の涼・宮城の夏」「アルファドライブ社の品川駅広告」などが炎上しています。

その他にもブランディング動画制作の注意点が2つありますので、以下をご覧ください。

ブランディング動画を変更しない

ブランディング動画は頻繁に変更するものではありません。企業のイメージを浸透させるためには、ある程度の時間が必要であり、認知度はすぐにはあがらないことが理由です。

そのため、ブランディング動画に大切な「使命・理想・価値観」が定まっていない企業は注意が必要です。ブランディン動画をコロコロ変更してしまうと、企業のイメージや軸がバラバラだと視聴者に印象付けます。

ブランディング動画は長く大切に使っていき、視聴者に思いを届ける動画と覚えておきましょう。

ブランディング動画制作は時間がかかる

ブランディング動画制作は、早くて3ヶ月から半年間は時間がかかると考えていてください。制作期間もそうですが、予算もある程度必要なため急いで制作することはおすすめしません

ブランディング動画は何年先も利用し続けるものです。急ピッチで制作してもいい動画ができる可能性は低いです。

制作期間に余裕をもち、制作会社と納得できるブランディング動画を制作していきましょう。

ブランディング動画の制作は戦略を練って丁寧に制作しよう

ブランディング動画は、企業の抽象的な「理念・使命・会社像」といったものを視聴者に訴えかけるのに最適です。

ブランディング動画は、コロコロ変更するものではなく長年利用していくものです。制作の際には、時間をかけて納得できる動画を追求していきましょう

ブランディング動画はメッセージ性が強いため、表現に注意を払うことが大切です。ブランディング動画制作に悩んだ際は、ぜひ動画の窓口にご相談ください。

企業が考えるブランディング動画制作のお手伝いを全力でサポートします。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 企業のホームページに動画を掲載する理由は?メリット・デメリットも解説

  2. 動画制作をスムーズに外注するための5つのポイントをご紹介!

  3. 動画制作を内製化するメリットとデメリットをご紹介

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP