動画コラム

アニメーション動画とは?制作時のコストや活用場面について紹介

【PR】

「アニメーション動画の特徴や活用場面が分からない」

企業活動に用いられるアニメーション動画ですが、特徴や活用方法を知らない企業は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、アニメーション動画の特徴や種類ごとの活用場面について紹介します。アニメーション動画のメリットも紹介するので、ぜひ導入前の参考にしてください。

アニメーション動画とはどのようなもの?

編集する手元

アニメーション動画とは、イラストや文字に動きを持たせたムービーを指します。アニメーションという名前の通り、アニメに近い動画と考えるとイメージしやすいでしょう。人物や商品を映す実写動画とは異なり、複雑な内容でもシンプルに情報を伝えられるのが特徴です。

利便性の高さから、企業のPR動画やYouTubeなどに幅広く利用されています。

アニメーション動画にはさまざまな種類がある

案が浮かぶイメージ画像

アニメーション動画は10種類以上あり、それぞれ特徴が異なります。そのなかでも、企業活動によく利用されている4つの動画について解説します。

特徴活用場面
3Dアニメーションイラストや写真を3D加工で立体的に表現できる商品紹介、PR動画
モーショングラフィックスグラフィック素材に動きや音楽を加えたシンプルな設計商品紹介、PR動画
ホワイトボードアニメーション色のイメージを使わないため、内容を伝えやすいPR動画
インフォグラフィック図表やイラストを使って数字を分かりやすく伝えられるIR、採用動画

それぞれの特徴を把握し、導入前のイメージを固めると作りたい動画が明確になりますよ。

3Dアニメーション

3Dアニメーションは、イラストや図形を3D技術で立体的に演出した動画を指します。2D動画とは違い臨場感が出るので、商品紹介やPR動画に最適です。

また撮影が難しい商品でも、イラストにして立体的にすれば細かい特徴も相手に伝えられます。リアリティのある動画にしたい方は、3Dアニメーションで動画を作りましょう。

モーショングラフィックス

モーショングラフィックスとは、イラストや写真などのグラフィック素材に動きや音楽、ナレーションを加えた動画のことです。企業ロゴや文章をダイレクトに相手に届けられるので、短期間でより多くの情報を伝える必要がある会社紹介やRP動画に最適です。

さらに、ナレーションを加えることで、相手の記憶に残りやすい動画にできます。会社や商品の認知度を高めたい企業にピッタリでしょう。

ホワイトボードアニメーション

ホワイトボードアニメーションとは、白い背景にペンでイラストを描いている過程を映像化したアニメーション動画を指します。色のイメージを使わずシンプルな線画のみで内容を伝えられるため、こちらが伝えたい内容をストレートに届けられます。

とにかくシンプルなアニメーションにしたい方にはピッタリといえるでしょう。

インフォグラフィック

インフォグラフィックとは、図表やイラストを用いながら文字やデータなどの複雑な情報を分かりやすく表現した動画を指します。文章だと頭に入ってきにくい数字も、動画を使えばすんなり理解できるのがポイントです。

そのため、数字関連を伝えるIR動画や統計資料が必要になる採用現場で重宝するでしょう。

アニメーションを活用するメリット

五つ星のイメージ画像

企業がアニメーション動画活用するメリットは、大きく3つあります。

  • 伝えたい内容を視聴者に届けられる
  • 動画の修正が容易
  • 制作コストを抑えられる

それぞれ、順番に紹介していきます。

伝えたい内容を視聴者に届けられる

アニメーション動画の最大のメリットが、発信側が意図する内容を伝えやすいということです。アニメーションを使って見ている人の視覚と聴覚に訴えかけるので、文字で伝えるより内容の理解度は上がるでしょう。

動画を作っても相手の印象に残らなければ意味がありません。理解しやすいアニメーションなら、相手の脳裏に情報を刻み込めます。

動画の修正が容易

アニメーション動画は修正が容易なメリットもあります。実写動画は、再撮影が必要になった場合、撮影機材や人の手配をしなければならず、大幅な手間になります。

アニメーション動画の修正は、パソコンで背景やイラストを差し替えるだけです。動画施策の効果が薄くても、時間と費用をかけず改善に向けて行動できます。

制作コストを抑えられる

アニメーション動画は、実写動画に比べて制作コストを抑えられる可能性が高いです。実写動画の場合、撮影用の機材やスタッフ、スタジオなどが必要になってきます。しかし、アニメーション動画ならパソコン一台で作成できるため、かかる費用が少ないです。

アニメーション動画は、コストを抑えつつ内容を分かりやすく伝えられるため、企業活動にピッタリといえるでしょう。

アニメーション動画の費用相場

PRICEと記載されたキューブ

アニメーション動画費用の相場を紹介します。実写動画の費用も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

費用納期
スライドショー10~30万円2週間~1ヶ月
モーショングラフィック30~50万円1.5ヶ月~2ヶ月
ホワイトボードアニメーション50〜100万円1.5ヶ月〜2ヶ月
3Dアニメ300万円以上3ヶ月
実写動画30~400万円3ヶ月

上記の費用はあくまでも目安であり、動画の質や発注先によって価格は変動します。制作会社のクオリティーや費用を見比べながら、発注先を選ぶといいでしょう。

アニメーション動画で企業活動を活性化させよう

アニメーション動画は、企業のPR動画やYouTubeなどで広く利用されています。シンプルな作りで視聴者が内容を理解しやすいため、発信者が意図したメッセージを伝えやすいのが魅力です。

動画の修正も容易にできるので、効果を検証しながら運用ができます。ぜひ、この記事を参考にして、企業活動にアニメーション動画を取り入れてみてください。

また、本格的な動画運用を考えている企業はぜひ一度、「動画の窓口」へご相談ください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【広告主必見】令和ママが最も見ているデジタル広告とは!?

  2. 【”脱”履歴書】履歴書?履歴動画の実態とは?

  3. 【台本は覚えずに読め!!】「伝える動画」から「伝わる」動画にする方法

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    話題のインタラクティブ動画ツール3選をご紹介!

TOP