話題のニュース解説

動画作成のViibar、動画の閲覧状況を解析できる新機能を追加

動画作成システムを手掛けるViibarは、動画の閲覧状況を解析できる新機能を追加
主にクラウドでソフトウエアを提供するSaaS企業がシステムの顧客となり、ソフトの使い方を解説する動画の作成に使用する。顧客企業が閲覧状況を踏まえ、ソフト利用者の理解度に合った助言をできるようにする。
<2021年7月27日 日経新聞>

【動画の窓口POINT!】

Point① Viiber提供のVideoTouchに搭載される?

・ビデオ収録
・ビデオ共有・埋め込み
・ビデオのトリム
・自動字幕
・視聴分析
・チームライブラリー

Point② 機能の機能の予測

利用者のリテラシーに合わせて利用方法を補助してあげられる機能と考えられる。

Point③動画を使ったカスタマー補助機能が様々なSaasツールを後押ししている!

saasツールは企業のプラットフォームとなるため、最適な利用方法が出来ていないと支払いの無駄になってしまう。 その際に文字や画像だけだとわかりづらい情報も多く、動画解説およびAIによる補助機能が今後様々なツールに搭載されることが予想される。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 動画制作は外注すべき?気になるメリットとデメリットについて紹介します!

  2. インタラクティブ動画のおすすめツール3選を徹底比較!制作で重要なポイントも紹介

  3. 自社の商品が動画で売れるって本当?実際に売り上げが伸びたライブコマースの事例10選

  1. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP