依頼テクニック

ビデオ制作は自社でできる?外注の仕方や費用についても紹介

「はじめてビデオ制作をすることになったが、自社で作れるだろうか?」

あなたはこのような悩みをお持ちではありませんか?

ビデオ制作は難易度が高いイメージがありますよね。ノウハウがないと、より一層難しいと感じてしまうでしょう。

そこでこの記事では、自社で作るビデオ制作について詳しく紹介します。また外注するときのポイントや費用についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

そもそもビデオ制作とは?

動画再生をするPC

ビデオ制作とは、写真や画像の素材を編集して一本の動画や映像にすることをいいます。動画と映像の違いは、情報量が多いか少ないかです。動画の方が情報量は多く、視聴者に短時間で内容を伝えられるため、企業活動に向いています。

ビデオ制作は自社でも可能なのか?

PCを操作する男性

結論から述べると、ビデオは自社で制作することが可能です。ビデオ制作初心者の方は、製品のマニュアルやインタビュー、講演会の動画など最初からフォーマットが決まっているものだと作りやすいでしょう。

ビデオ制作を自社で行う最大のメリットは、コストを安く抑えられることです。外注すると10~50万円ほどのコストがかかりますが、自社で作れば機材の費用だけで済みます。元から機材が揃っていれば、1~5万円以内に収められるでしょう。

できるだけ低コストで動画を作りたい方は、自社での作成を検討してください。

ビデオ制作に必要なもの

カメラのイメージ画像

自社でビデオを作る際に必要になる機材などを紹介します。以下の3点は必ず揃えておきましょう。

  • カメラ
  • パソコン
  • 動画編集ソフト

それぞれ、順番に解説していきます。

カメラ

カメラは、ビデオ制作になくてはならないアイテムの一つです。スマートフォンのカメラでもいいのですが、良質なコンテンツを作りたいなら一眼レフやビデオカメラを用意しましょう。

一眼レフやビデオカメラにも種類があるため、色々な機能を見比べてみてください。そのなかで、自分が撮りたいビデオにマッチした機能のあるカメラを選ぶといいでしょう。

パソコン

カメラで撮影したビデオを編集するために、パソコンが必要になります。後述する編集ソフトを使うためにも、スペックが高いものを用意しておくといいでしょう。具体的な推奨スペックは以下の通りです。

CPUCore i7
メモリ16GB~
SSD256GB~
HDD1TB~

スペックが上がると値段も高くなります。しかし、妥協して安いパソコンを購入すると、ビデオ制作がスムーズに進まい恐れがあります。パソコンだけは、高いスペックのものを用意しておくと、編集の際に困ることはなくなるでしょう。

動画編集ソフト

ビデオ制作にもっとも必要なのが、動画編集ソフトです。動画編集ソフトには、無料版と有料版があります。高いクオリティーにしたいなら、有料版を選びましょう。

有料版の動画編集ソフトは、利用制限などもなく、自由自在にビデオを制作ができます。値段はピンキリのため、まずは試用版で使い心地を試してから購入するといいでしょう。

ビデオ制作の外注方法はどんなものがある?

編集をする手元

ビデオ制作を自社ではなく外注して行う場合、以下の3つの方法があります。

  • 動画制作会社への依頼
  • フリーランス編集者への依頼
  • クラウドソーシングでの募集

それぞれ、順番に解説していきます。

動画制作会社への依頼

一つ目が、動画制作会社に依頼する方法です。動画制作会社に依頼する最大のメリットは、品質が担保されることです。プロに依頼するためクオリティーの高い作品に仕上がりますが、その分費用がかかってしまいます。

「品質の高いビデオを作りたい」方は動画制作会社に依頼しましょう。

フリーランス編集者への依頼

二つ目が、フリーランス編集者に依頼する方法です。

フリーランスの編集者に依頼すると、品質の高いビデオを制作会社よりも安く制作してくれます。ただし、信頼できる編集者を見つけるのが難しく、求人サイトや自社サイトを使って探すことが欠点です。

「時間がかかってもいいから、品質の高いビデオを少しでも安く作りたい」方はフリーランスの編集者に依頼しましょう。

クラウドソーシングでの募集

三つ目が、クラウドソーシングで募集する方法です。「Crowd Works」や「Lancers」などのサイトで、ビデオ制作を依頼します。クラウドソーシングを使う最大のメリットは、コストを抑えられることです。

クラウドソーシングは、自分で値段を設定できるため、予算内に納めることができます。しかし、ネット上で依頼するので、品質が低かったり納期に間に合わなかったりする可能性もあります。

「とにかくコストを抑えたい」方は、クラウドソーシングを使ってビデオ制作するといいでしょう。

外注にかかる費用相場

コストのイメージ画像

上記で紹介した外注先に依頼する場合の費用は、以下の通りです。

価格
動画制作会社への依頼10万円~200万円以上
フリーランス編集者への依頼10万~50万
クラウドソーシングでの募集5万円~30万円

動画制作会社に依頼すると、クラウドソーシングの約2~5倍以上のコストが発生します。外注する際は、自社の予算と相談しながら決めていきましょう。

予算や内容と相談しながらビデオ制作をしよう!

ビデオ制作は、必要なものを用意しておけばノウハウがなくても自社で作ることができます。自社で作った方がコストを抑えられますし、スケジュールの組みやすさや意思疎通のしやすさなど多くのメリットがあるでしょう。

その上でクオリティーの高いビデオを作りたい方は、外注も検討してみてください。

外注先に悩むという方は、年間200本以上の制作実績のある「動画の窓口」へご相談ください。企業の悩みから運用方法まで、丁寧にヒアリングし問題を解決しますよ。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 動画制作は外注すべき?気になるメリットとデメリットについて紹介します!

  2. インタラクティブ動画のおすすめツール3選を徹底比較!制作で重要なポイントも紹介

  3. 自社の商品が動画で売れるって本当?実際に売り上げが伸びたライブコマースの事例10選

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します!

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP