動画コラム

Lightworksの使い方は?メリット・デメリットも併せて紹介

動画編集ソフトの「Lightworks」を購入する際に、下記のような疑問をお持ちではないでしょうか。

「Lightworksの使い方は?」
「Lightworksのメリット・デメリットを知りたい」
「Lightworksの料金形態は?」

今回は、高機能動画編集ソフト「Lightworks」の使い方から、メリット・デメリット、企業の活用方法を詳しく解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

Lightworksとは?

クエスチョンマークのイメージ画像

アメリカ生まれの動画編集ソフト「Lightworks」。アカデミー賞を受賞した映画の編集にも使われていた中〜上級者向けの動画編集ソフトです。

プロ使用の動画編集ソフトのため、初心者にはハードルが高く感じるかもしれません。ただし、基本的な機能は無料で使えるため、動画編集ソフトを利用してみたいという方におすすめのソフトです。

Lightworksは、無料版と有料版があり、無料版は一部の機能が制限されています。無料版と有料版の違いを次の章で詳しく紹介していきます。

Lightworksの料金形態について

パソコンでのショッピングの様子

Lightworksの料金形態は、「無料版」「月間ライセンス版」「年間ライセンス版」「買い切りライセンス版」の4種類です。

有料版の料金形態は下記の通り。(2021年12月現在)

  • 月間ライセンス版:23.99ドル(約2,728円)
  • 年間ライセンス版:239.99ドル(約27,292円
  • 買い切りライセンス版:389.99ドル(約44,350円)

Lightworksの無料版と有料版の大きな違いは動画の出力形式です。有料版が1920×1080以上に対して無料版で出力できるのは「1280×720p」のMP4形式のみになります。

1280×720pの画質は、YouTubeやSNSには適切な画質です。そのため、動画編集の目的がYouTubeやSNSであれば、無料版でも対応できます。

高画質な映像制作を目的とするのならば、無料版では対応できないため、有料版へのアップグレードが必要です。

Lightworksの主な機能・特徴

編集画面を開くPC

Lightworksの主な機能や特徴を2つ紹介していきます。

  • 無料版でも充実した編集機能の種類
  • さまざまなプラットフォームで使用できる

Lightworksの最大の特徴としてあげられるのは、無料版でも十分に利用できる編集機能の豊富さです。詳しい編集機能については、次の章から詳しく解説していきます。

無料版でも充実した編集機能の種類

無料版Lightworksでできる編集機能は下記の通りです。

  • 映像のカット
  • 映像の結合
  • 不要部分の削除
  • テロップ・音楽・画像の追加
  • 音量調整
  • カラー補正
  • エフェクトの追加

動画編集者に必要な機能を無料版でも備えている利便性の高さが特徴です。

また、100種類以上のエフェクト・カラー補正、ロイヤリティフリーのミュージックなどの機能がついており、クオリティの高い動画編集ができるのも魅力でしょう。

さまざまなプラットフォームで使用できる

動画編集ソフトによっては、プラットフォームの指定(Windows・Mac限定など)があるソフトもあります。

Lightworksは、Windows・Mac・Linuxに対応しているため、プラットフォームによる制限を受けません。

また、スマホ・デジカメ・ビデオカメラ・プロ用の撮影機材、どのカメラで撮影したものでもスムーズに編集可能です。

編集はリアルタイムで共有できるため、大掛かりなプロジェクトでの作業も安心して行えます。

Lightworksのメリットとデメリット

チェックリストの画像

Lightworksのメリットとデメリットを紹介していきます。

Lightworksはプロ仕様の動画編集ソフトです。そのため、動画編集初心者の方には利用に手間取る可能性があります。

Lightworksは無料版の用意もあるため、まずは無料版を利用してから操作を覚えるといいでしょう。操作や機能に限界を感じた段階で、有料版にアップグレードすることがおすすめです。

メリット

Lightworksのメリットは、下記の通りです。

  • 無料版でも充実した機能
  • 各プラットフォームに対応
  • プロ仕様の動画編集ソフト

Lightworksは無料版であっても、動画編集に必要な最低限の機能が使えます。また、パソコンのプラットフォームに依存しないため、どんなパソコンであっても使用できる点も嬉しいポイントです。

無料でプロ仕様の動画編集ソフトが使えるため、経験を積むことでプロ顔負けのオリジナル動画制作できる点もメリットと言えるでしょう。

デメリット

メリットを紹介したところで、デメリットを紹介していきます。

  • 初心者には難しい
  • アカウントを作る必要がある
  • 無料版には制限がある

Lightworksは、アカウントを作成すれば無期限で無料版の使用ができます。ノーアカウントの利用では、7日間で利用期限が切れるため注意してください

Lightworksはプロ向けの動画編集ツールです。動画編集ソフトをはじめて利用する方にとっては、ハードルが高い可能性があります。

機能・特徴で説明した通り、無料版には機能制限が設けられています。動画の用途によっては、無料版では対応できない場合があるのはデメリットと言えるでしょう。

企業においてはどう活用できる?

さまざまなアイコンを持つイメージ画像

動画編集は映像制作会社に依頼すると少なからず費用がかかります。そのため、自社プロモーション動画や研修動画などを制作する際に、Lightworksを利用すると費用がグッと抑えられるでしょう。

また、YouTubeやSNS動画広告にも最適です。無料版でも十分利用できることから、費用をかけずに動画制作ができます。

プロ向けの動画編集機能が備えられているLightworksをうまく活用し、企業PR動画を制作していきましょう。

動画の用途を確認してオリジナル動画制作を行おう

Lightworksは、ハリウッドでも使用されているプロ用動画編集ソフトです。

Lightworksは無料版と有料版があるため、動画の用途に合わせてアップグレードしていきましょう。

無料版でも使用できる機能が豊富なため、まずは無料版の利用からはじめることをおすすめします。

また、Lightworksは使用するパソコンのプラットフォームを選びません。どんなパソコンでも使用できるため、誰でも手軽に利用できるのが魅力の1つです。

Lightworksを使用し、自分だけのオリジナル動画制作に活用してください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. GIFを使った新しい動画投稿がPR Timesのプレスリリースで実施!これは流行る!

  2. 【動画の窓口5周年】サステナブルデータで記念動画を制作しました!

  3. Youtube動画『動画プロデューサーの1日-動画の窓口 池上和-』を公開!

  1. 子ども向け表現活動『中野あおぞらアート教室』を実施しました

  2. 【YouTube Shorts攻略!】企業担当者向けの実践的な活用方と作り方!まるっと解説します!

  3. 企業ブランディングは動画で!動画の窓口オススメのブランディング動画14選

ランキング

  1. 1

    カメラワークで効果的に演出!種類や活用法をご紹介

  2. 2

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  3. 3

    テンポのよい動画で視聴維持率をあげよう!ジェットカットとは?やり方や活用法をご紹介します

TOP