動画コラム

動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

近年、スマートフォンやパソコンの普及により、YouTubeなどで気軽に動画が再生できる時代になりました。視聴者側も文字の広告より、動画広告から情報を得ており、動画制作に力を入れる企業が増えてきています。

動画制作をしたい企業は、「動画の費用相場を把握したい」「動画制作を予算内に抑えるためのコツを知りたい」という考えをお持ちではないでしょうか。

この記事では、動画制作の費用相場の紹介から、制作費用を抑えるコツを解説しています。

「動画の窓口」では、動画制作の参考となる記事をまとめています。そちらも併せてご参照ください。

動画制作の費用相場はどのくらい?

コインの画像

動画制作の費用相場は、動画の種類により大きく異なってきます。「会社紹介」「採用動画」「ブランディング動画」「アニメーション動画」など多数の種類があり、それぞれの費用相場は下記の通りです。

【動画制作の費用相場】

動画の種類費用相場
会社紹介動画30〜200万円
採用動画30〜100万円
ブランディング動画80〜200万円
アニメーション動画20〜80万円
YouTube動画1万円〜15万円
商品紹介動画15〜100万円
セミナー動画15〜30万円

動画の種類は幅広く、制作したい動画により必要となるカメラマンの人数や編集時間が変わってくるため、費用相場にバラつきが出ます。

また、動画制作を「制作会社に依頼する場合」と「個人やフリーランスに依頼する場合」でも、費用が変動することを抑えておくといいでしょう。

動画の種類によって制作費用が掛かるのはなぜ?

?マークのイメージ

動画制作は「制作にかかわる人数」「制作にかかる時間」「使用する機材などの諸経費」で金額が大きく変動します。

費用相場が幅広いため、動画制作の予算を決めるのが難しい特徴があります。まずは費用相場が変動する内容を確認しておきましょう。

制作にかかわる人数の問題

例えば、撮影した素材を持ち込んで制作会社へ動画編集のみを依頼するケースと、企画から完成までをお願いするケースでは、必要となる工数が異なります。

また実写動画でモデルや俳優、エキストラを使う場合は、キャスト費用が発生します。

以上のことから、動画制作会社に依頼する工程が多く、関係者が多くなるほど費用が高くなるということです。

制作にかかる時間

以下のような項目ごとに工数=制作時間が変動します。

◆準備ディレクション:ロケ地の手配、ロケハン(ロケ地調査)、美術(小道具)の制作、キャストオーディション、キャスト調整、など。

◆動画の長さ:長くなるほど、制作にかかる費用は高くなる傾向があります。

◆撮影時間:撮影に関わる人数、撮影時間、日数により費用が加算されます。

◆編集時間:デザインの凝り具合、テロップの量、アニメーションの複雑さ、などにより制作時間が変動します。

動画の方向性や目的を明確にしておくと、制作にかかる時間が抑えられますので、企画プロデュースの段階でしっかりと制作完了へのルートを確認しておきましょう。

使用する機材とその諸経費

動画制作は、撮影機材などの諸経費が必要です。照明器具やスタッフの弁当代など、大小さまざまな諸経費があるため、この章では代表となる諸経費をピックアップして紹介します。

【動画制作に必要な機材や諸経費一覧】

  • 撮影機材
  • 車両費
  • 交通費
  • 宿泊費
  • スタジオ費

実写動画やアニメーション動画など、動画の内容や種類により必要機材が変わります。しかし諸経費は、制作会社により金額の差がでにくいことが特徴です。

制作費用を抑えるコツはある?

予算を計算するイメージ

動画制作を予算内で制作するために、「少しでも費用を抑えたい!」と考える企業は多いでしょう。

動画制作費用を抑えるコツは「制作工程の一部を自社で行う」「複数社から見積もりを取る」「動画編集を自社で行う」ことの3つがあります。

制作費用を抑えるコツを把握し、よりクオリティの高い動画制作を目指していきましょう。

動画制作工程の一部を自社で行う

動画制作は以下の手順で進むのが一般的です。動画制作会社に任せる場合は、工程すべてをお任せできる反面、制作費用は高くなる可能性があります。

【動画編集の手順】

  1. 企画・プロデュース
  2. 字コンテ(脚本)・絵コンテ
  3. 撮影準備・ディレクション
  4. 撮影
  5. 編集
  6. 修正
  7. ナレーション(MA)

特に1〜3は発注企業の担当者様自身が取り組まれるケースも少なくありませんので、制作会社と役割分担をすることで費用の調整を試みることができます。

複数の会社に見積もりを依頼する

動画制作の費用を抑えるコツ2つ目は、複数の会社に見積もりを依頼することです。

同じ動画制作の内容であっても会社により金額がバラつきます。各社の見積もりを比較し、クオリティの担保ができる制作会社を選ぶといいでしょう。

動画の種類によっては個人の動画編集者でも必要なクオリティを抑えた動画制作をできる場合もありますが、納期にバラつきが出ることが懸念点です。

動画編集を自社で行う

動画配信サービスが流行し、動画編集ツールもさまざまな種類がでてきました。特別な知識がなくとも、誰でも直感的に動画編集できるツールがたくさんあります。

高度な編集ができる「Adobe Premiere Pro」や「Final Cut Pro X」、無料で使える「iMovie」などを試してみるのもおすすめです。

また、近年では「Sovec Smart Video」「RICHKA」「tollite」といった自動動画生成ツールも活躍しています。月額費用が比較的高いこととテンプレート制作になる点は懸念です。

求めるクオリティやスピードに応じて検討してみましょう

「動画の窓口®︎」はご予算に合わせて動画制作が可能です!

撮影風景のイメージ

最後に少しわたしたちの紹介をさせてください。「動画の窓口®︎」は「経営課題に動画を生かす」ことをコンセプトにしている動画メディア&コンシェルジュサービスです。

  • 動画制作工程の「全部」または「一部」といった必要な業務を依頼できます
  • 経営課題や業界動向を把握した上で適切な制作物をご提案できます
  • 企画、準備、ディレクションが早い
  • 作り込んだ動画だけではなく、最短1日で制作をするスピード制作まで可能
  • リーズナブルな制作費

動画の窓口は年間200本以上の企業動画を作成しております。そのため、動画の企画から制作、運用までトータルにサポートできる企業様や担当者様のパートナーとして活動しています。

また打ち合わせの段階で、業界情報・費用情報・最新のツール情報など、企業に合わせた情報を提供していることも強みです。

動画制作工程の一部のみの依頼も受けているため、費用を抑えつつクオリティの高い動画制作が可能です。

動画制作会社は多数ありますが、どこに依頼するのがいいか迷っている企業は、ぜひ一度「動画の窓口®︎」にご相談ください。あなたの希望通りの動画に仕上がるための手助けを行なっています。

この記事の監修:
「動画の窓口®︎」動画コンシェルジュ 池上和
https://twitter.com/tsuruta129

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 企業のホームページに動画を掲載する理由は?メリット・デメリットも解説

  2. 動画制作をスムーズに外注するための5つのポイントをご紹介!

  3. 動画制作を内製化するメリットとデメリットをご紹介

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP