動画コラム

動画制作は外注すべき?気になるメリットとデメリットについて紹介します!

【PR】

動画はYou TubeやTik Tokなどが流行している現代において、企業やサービスをPRする際に大きな効果を発揮します。

その動画を制作する際に社内でアジェンダとして上がってくるのが、動画を外注すべきなのか、それとも内製すべきなのかというテーマです。

動画制作を外注するメリット・デメリットについて理解がないと、費用対効果に見合わない結果になりかねません。

今回は、この記事を見ている企業担当者の方が動画制作を外注すべきかどうかの判断基準となるようなメリット・デメリットについて解説します。

動画制作を外注する前の事前準備

動画制作を外注するメリットとデメリットをみていく前に、実際に外注する際に必要な準備事項を確認しましょう。

外注前の準備事項を確認しておくことで、動画制作を外注する際のメリット・デメリットがより理解しやすくなります。

動画制作をする目的

まずは最も重要な動画制作を行う目的をしっかりと準備しておきましょう。

例えば、商品のプロモーション動画を通してどのぐらいの売上を達成したいのか、自社のブランディング動画を作ってどういう効果が得たいのか、などです。

動画制作を外注するということは、少なからず費用が発生します。

動画制作の目的意識が曖昧なまま外注すると、費用をかけたにも関わらず、思った以上の効果が得られないということになりかねません。

明確な目的意識を持って、動画制作を外注することで、納得の行く動画の仕上がりになるはずです。

動画制作にかける予算

動画制作にかける予算も事前に決めておくことで、スムーズな外注依頼が可能です。

ホームページ制作やシステム外注と違って、予算感がまだまだ浸透していない動画制作ではありますが、下記の記事を読むことで、おおよその相場を把握してください。

なお、作成したい動画のジャンルによって、相場が異なってくるので、注意が必要です。

動画を納品してもらいたい納期

いつまでに動画の完成形が欲しい、という納期も決めておきましょう。

基本的に動画制作は2ヶ月程度かかると言われています。その期間以下の期日で納品してもらいたい場合は、短納期での納品となり、クオリティにやや不安が残ります。

ですが、今日では動画制作を最短工数で行い、短納期で動画を提供するサービスも多くなってきています。

詳しくは下記記事をご参照ください。

動画制作を外注するメリット

まずは、自社で動画を作らず制作会社に外注した際のメリットをご紹介します。

特に日常的に業務量が多かったり、ノウハウが全くなかったりする場合には、外注は非常に有用となります。

制作工程をすべて手放しで依頼できる

動画を外注する場合、動画のコンセプトやテイストなどの必要な情報を伝えれば、後の制作段階は制作会社が行ってくれます。

そのため、特に自社内で動画を作る人的リソースが不足している場合には、外注した方が良いといえるでしょう。

制作会社は機材やノウハウが豊富

当然のことではありますが、制作会社は動画の制作をメインの業務としています。

そのため、撮影や編集の機材が一通りそろっています。また、それらを扱うのも制作会社のプロたちです。

ロケ地を探すネットワークを持っている場合もあるため、ロケが必要な動画を作る際にはより良い場所で撮影ができる可能性が高まります。

案件ベースで費用を計上できる

動画制作を外注すると聞くと、費用がかさんでしまうように思えるかもしれません。

たしかに、1案件のみで見れば、外注するよりも社内に専門の人材を用意した方がコストを抑えることができるでしょう。

しかし、それは恒常的に社内で動画を作る場合の話です。

たまにしか動画を作らないのであれば、案件ごとに依頼した方が安くなる場合も多々あります。

動画制作を外注することでデメリットは発生する?

動画を外注する場合に考えられるデメリットをご紹介します。

作りたい動画の内容や会社を取り巻く状況によっては、社内で動画を制作した方が良い場合もあります。

状況をしっかりと見極め慎重に検討した上で、外注もしくは内製するようにしましょう。

費用がかさむ場合がある

メリットの部分で、あまり頻繁に動画を作らないのであれば外注した方がコストを抑えられる可能性があるとご紹介しました。

しかし、反対に頻繁に動画を作りたいという場合には動画制作の人材を雇用したり、所属する社員で制作した方が良い可能性があります。

やはり長期的に比較すれば、内製するより外注した方がコストがかかってしまうのは事実です。

PRしたいことが上手く伝わらない可能性がある

制作会社側はヒアリングのプロではありますが、依頼する側が社内の製品やサービスを上手く伝えられないこともあります。

誤ったニュアンスで伝わったまま制作が進んでしまうと、最悪、想像とは全く違う動画ができあがってしまうこともあるかもしれません。

動画制作を社内で内製するのであれば、PRしたいことが大きくずれるということはほぼないでしょう。

動画制作の外注方法には大きく分けて2種類ある

動画の制作を外注するとなると、方法は大きく分けて2通りあります。

それが「制作会社」「業務委託」の2パターンなのですが、それぞれ異なる特徴があります。

費用感を含め、それぞれの特徴をご紹介します。

動画制作会社に外注依頼する場合

動画制作を外注するとなるとまず思いつくのが、動画制作会社への依頼かもしれません。

豊富な専門機材と確かな腕で、高いクオリティの動画の完成が期待できます。

ただ、これからご紹介する業務委託の場合よりも費用が高くなってしまう傾向があります。

例えば、YouTubeにアップロードする動画の企画や編集を任せた場合、料金は10万円〜ほどかかる可能性があります。

業務委託で依頼する場合

業務委託で動画の制作依頼をすると、多くの場合はフリーランスに頼むことになるでしょう。

クラウドソーシングやマッチングサイト経由で、外注先を選択することがほとんどです。

この場合、制作会社への依頼と比較するとコストはかなり抑えられ、YouTubeの動画編集を5,000円〜ほど発注することも可能になります。

しかし、クオリティや連絡の円滑さは人によりまちまちなので、価格だけでなく明確な選択基準を持って依頼先を選んだ方が無難です。

こんな時は動画制作を外注するのがおすすめ!

動画制作を外注した方が良いといえるのは、下記のような場合です。

もし動画制作を考えている場合には、これらのパターンに近しい部分がないかぜひチェックしてみてください。

自社で手が回らないとき

自社内に動画を制作できる人材がいない、もしくは通常業務に追われていて動画の制作を行う余力がないという場合には、動画制作は外注した方が良いといえるでしょう。

そのような状況下で無理に動画を内製しようとすると、動画のクオリティの低下を招いたり、スケジュールが大幅に遅延したりしてしまう可能性があります。

動画の制作はプロに任せて各々の業務に専念した方が、全体的に見ても効率が良いかもしれません。

プロにしか作れないような映像を作りたいとき

高度なCG技術を使った動画や特殊な編集方法をとる動画は、制作難易度は非常に高いといえます。

そうしたハイレベルな動画を作りたいと思った時には、類似の動画の制作実績が多数ある制作会社を選ぶとよいでしょう。

外注した方が費用を抑えられる場合

外注費用と制作頻度を天秤にかけ、その都度外注した方がコストがかからないと判断した場合には、外注した方が良いといえます。

特に動画の内容や交渉の仕方によっては、非常に低単価で依頼ができる可能性もあります。

見積り結果と社内コストを比較してみましょう。

動画の外注をうまく活用してより良い動画作りを

業種や規模を問わず、数多くの企業で動画が活用されています。

だからこそ、動画の内容やクオリティでの差別化が必要になります。

時にはプロの手を借りて、高品質な動画を作るのも有効だといえるでしょう。

「動画の窓口」では、動画に関するこのようなご相談をいつでも受け付けています。

ぜひお気軽にご相談ください!

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 【広告主必見】令和ママが最も見ているデジタル広告とは!?

  2. 【”脱”履歴書】履歴書?履歴動画の実態とは?

  3. 【台本は覚えずに読め!!】「伝える動画」から「伝わる」動画にする方法

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    話題のインタラクティブ動画ツール3選をご紹介!

TOP