動画コラム

動画広告制作の特徴とは?メリット・デメリットもあわせて紹介します

動画市場が年々増えており、動画広告に力を入れる企業が増えてきました。

近年では、テレビCMよりもインターネット広告市場が賑わいを見せています。そのためプロモーション活動において、動画広告は必要な存在です。

動画広告を伸ばすためにも、動画広告の制作方法や特徴を知っておくことが大切です。

この記事では、動画広告制作の方法からメリット・デメリット、費用相場までまとめて解説しています。

動画広告の特徴を把握し、視聴者から求められる動画制作の参考にしてください。

動画広告とはそもそもどんなもの?

動画広告のイラストイメージ

動画広告とは、動画を用いて視聴者に宣伝や広告を行うマーケティング方法のことです。

YouTubeを見たことがある方なら、動画の途中で広告がでてきたという体験もあるのではないでしょうか。

スマートフォン・タブレット端末が普及した現代は、テレビ広告よりもインターネット広告に力をいれる企業が増えています

株式会社サイバーエージェントの調査によると、2020年の動画広告市場は2,954億円に達し、昨年と比べると114%も増加しています。

2024年には動画広告市場が6,856億円増える見込みだと予想しているのです。

動画広告全体の約9割をスマートフォンが占めていることから、動画広告の中でも特にスマートフォンでの動画広告に需要があることがわかるでしょう。

(参照:サイバーエージェント2020年国内動画広告の市場調査

動画広告の種類はどんなものがある?

広告を表すイメージ画像

動画広告には、「インストリーム広告」「インバナー広告」「インリード広告」があります。3つの広告の特徴を把握し、適切な動画広告を選択していきましょう

インストリーム広告

インストリーム広告は、動画コンテンツの前後や合間に流れる広告のことです。

インストリーム広告には、「スキッパブル型」「ノンスキッパブル型」の2つの形式があります。

スキッパブル型途中でスキップできる動画広告のこと
ノンスキッパブル型最後まで視聴しないと本編にいけない動画広告のこと

インストリーム広告は、動画視聴の際に目を通すことから、印象に残りやすいという特徴をもちます。

YouTube広告がインストリーム広告の代表的な存在です。

インバナー広告

インバナー広告は、Webサイトのバナー広告欄などで再生されている動画広告のことです。

インバナー広告は、Yahoo!JAPANをはじめとした動画サイト以外にも掲載できるという特徴をもちます。

インストリーム広告と違い、Webサイトを開いた瞬間から動画が再生されます。サイトを訪れる利用者に不快感を与えにくい点が、インバナー広告の魅力の1つです。

インリード広告

インリード広告とは、Webサイトやコンテンツの間に差し込まれている動画広告のことです。

Webサイトを購読していると、「急に画像が動き出した」という経験はありませんか?

インリード広告は、広告が設置されている箇所にスクロールしてはじめて広告が流れます。自然に広告が再生されるため、ユーザーが指を止めて見てくれるのが特徴です。

動画広告におけるメリットとデメリット

矢印を表す標識

動画広告は、静止画にはないメリットやデメリットがあります。この章では、メリット・デメリットを3つずつ紹介していきます。

動画広告のメリットを3つ紹介

動画広告のメリットは下記の3つです。

  • 紹介したい商品のイメージが明確に伝わる
  • 視聴者の負担が少ない
  • インパクトの強い広告が作りやすい

動画広告は、動きや音を表示できるため、紹介したい商品やサービスの魅力を明確に伝えられます

文字や静止画の広告とは違い、表現豊かなインパクトのある広告を作りやすいことも動画広告の魅力の1つです。

動画広告の中には、スキップできるものも多くあるため、視聴者にとって負担が少ない点もメリットといえるでしょう。

動画広告のデメリットを3つ紹介

動画広告のメリットを紹介した所で、デメリットを3つ紹介していきます。

  • 制作に費用がかかる
  • 視聴されない可能性がある
  • 動画制作の質に左右される

動画広告のデメリットは、掲載費用だけではなく制作費用がかかる点です。動画を撮影するための人材、編集するための人材など、制作にも費用がかかります。

動画サービスの普及で、視聴者が動画視聴に慣れているため、動画広告の質が成果に直結してしまうこともデメリットといえるでしょう。

動画広告が視聴者に訴求できなければ、スキップされることや、見てもらえない可能性もあります。訴求する動画を制作するためには、動画の目的を明確にすることが大切です。

動画広告の制作手法

撮影をする風景

動画広告の制作を大きく分けると「企画」「撮影・編集」「公開」の3つで完成します。

動画広告は、完成してからのデータを目標と比較し、運用するまでが一連の流れです。この章で動画広告の制作手法を把握しておきましょう。

企画

動画広告の1番大切な部分が「企画」です。動画広告を利用する目的やターゲット層を明確にする必要があります。

目的が不明確な動画を作成した場合、広告としての訴求力が低くなるため、コンセプトやペルソナ像を絞ることが大切です。

ターゲット層や動画の目的が選定できたら、以下のことを検討します。

  • シナリオ
  • 動画の長さ
  • 動画の種類
  • 動画制作の予算

動画制作の予算により、自社で制作するのか、制作会社に依頼するかを決めていきます。

撮影・編集

動画の構成などができあがると、撮影・音声収録を行います。動画広告では、短い時間で視聴者に届けたいメッセージを凝縮することが大切です。

撮影・音声収録が終わると、編集作業に入ります。編集作業では、余分な箇所のカットやテロップ入れ、エフェクトの挿入など、より訴求力の高い動画を目指します。

編集を終えると試写会などで動画を確認し、必要であれば再編集を行うのが一般的な流れです。

公開

動画が完成したら、あらかじめ決めていた媒体で動画広告を掲載します。

動画公開後は、PV数・クリック率・CV数などを確認し、目標達成に必要なPDCAサイクルを回すことが大切です。

PV数:ページプレビュー率のことで、ユーザーがページを閲覧した回数

CV数:商品購入など、広告主にとって成果とみなされる行動のこと

費用相場はどのくらいなの?

電卓で計算する様子

動画広告の費用相場は、依頼する制作会社により変動しますが、約10〜200万円程度と幅広いです。

動画制作は、出演する役者・撮影機材・スタジオ代などで決まるため、質の高い動画を作るにはそれなりの費用が必要となります。

動画広告を依頼する際は、複数社から見積もりを貰いましょう。1社だけの見積もりは、作りたい動画の費用相場がわからないためです。

動画広告の制作実績や評判などを考慮して、依頼先を選択するといいでしょう。

動画広告の特徴を把握し視聴者の心に刺さる動画作りをしていこう

動画広告市場は、年々増加傾向にあり、2024年には6,856億円に達する見込みです。動画を活用した広告の需要が増えているため、制作に必要な情報を知っておくと有利になるでしょう。

動画広告は、インパクトある広告を制作できるメリットと、制作費用が高くなるというデメリットを兼ね合わせています。

動画広告制作で大切な部分は、動画の中核を担う「企画部分」です。動画制作の企画は、実績のある制作会社に依頼することで、よりよい動画広告が作れるでしょう。

動画制作会社は多数あり、どこに依頼するのがいいかわからないと悩む方は、動画の窓口へご相談ください

動画の企画段階から、目的と用途を明確に定め、運用を見据えた動画制作を致します。気になる方は、まずは無料相談からあなたの悩みを聞かせてください。

さいごに

動画の窓口では、お客様からのご相談に丁寧にお答えしています。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

また、企業様がご活用される様々なバリエーションの動画制作もしています。 今なら、「毎月2社限定 無料で動画制作キャンペーン」を行っているので、この機会をお見逃しなくお問い合わせください。

関連記事

特集記事

動画の窓口

動画の窓口

動画の窓口では企業様の経営課題を『メディア』と『コンシェルジュ』の2軸でサポートいたします。 動画の最新Newsを日々更新しながら、動画を通して課題解決行う、コンシェルジュサポートも行っております。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 企業のホームページに動画を掲載する理由は?メリット・デメリットも解説

  2. 動画制作をスムーズに外注するための5つのポイントをご紹介!

  3. 動画制作を内製化するメリットとデメリットをご紹介

  1. 企業ブランディングは非常に重要!動画の窓口オススメのブランディング動画12選

  2. 触れる動画「インタラクティブ動画」とは?どのような場面で活用できる?

  3. 動画制作の費用相場とは?制作費用を抑えるコツも併せて解説します!

ランキング

  1. 1

    動画編集ソフト買い切り版のおすすめ5選を紹介します!

  2. 2

    採用効率が上がる動画活用。「社内に一人、コンテンツマーケ担当者」の時代。

  3. 3

    Adobe premiere elements 2022の使い方とは?導入するメリットやデメリットも紹介

TOP